出浦盛清(出浦昌相) 忍びの頭領はどんな武将だった?


treinamento-ninja-5

出浦盛清は真田昌幸・信之に使えた家臣です。NHK大河ドラマ「真田丸」では出浦昌相として登場し、一躍その名が世間に知られましたが、それまではよほど歴史に詳しい人でなければ知らない存在でした。

スポンサーリンク
>

ideura出浦盛清は清和源氏信濃村上氏の一族である出浦清種の次男とされています。更級郡の上平城主(出浦城主)や、上州岩櫃城代などを務めています。出浦盛清といえば、やはり忍びの頭領というイメージが強いです。元々は武田家の忍びだったそうですが、武田家が滅びたあとに、いろいろあって1583年には真田家に仕えるようになったといわれています。

img_b0ba9ea11e4ff5bc4e40869710945e2533981ドラマの中では、佐助の師匠的存在で、寺島進さんが演じたこともあり、とても魅力的な武将として描かれました。江戸時代後期に松代藩の家老を務めた河原綱徳が記した『本藩名士小伝』の中で出浦盛清は甲州透破(忍者)の頭領という記述があります。諜報能力に優れ、部下より先に敵情を視察し、部下の嘘を見破ったという逸話もあります。ただ、忍者というのが当時の史料ではなく江戸時代の書物のため、疑問視されることもあるようです。もっとも忍者といっても一般的に考えるような忍者のイメージは現実的ではないでしょう。実際は前述したような「諜報員」と考えた方がベターだろうとは思います。

スポンサーリンク
>

sanadamaru2588小田原征伐では昌幸に従って忍城攻略に参加して武功を挙げています。それが忍者として活躍したと勘違いされただけで、忍者ではなかったのでは?とも言われています。江戸時代に真田十勇士の講談が広まった事も影響して、出浦もまた真田の忍者たちを率いる者だったという考え方が定着したようです。ともあれ、盛清は昌幸のよき相談相手、真田家の参謀として、数々の戦を戦ってきたことは間違いなのではないかと思います。しかし、ドラマで昌幸の命で家康を討とうとして、失敗し重傷を負っていましたが、あれは明らかにフィクションですね。

thG0WRN8T4関ヶ原合戦後は、上州吾妻郡原町に住み、家督は息子へ譲っていたようです。大坂の陣のあと、信之が上田から松代への加増転封を命ぜられた際に、信之が盛清に宛てて書いた手紙が現存しています。その翌年、出浦盛清は78歳で亡くなります。大河ドラマのイメージが強いと思いますが、出浦盛清という武将は、真田昌幸に惚れ込んで命を懸けた人物だったんだろうと思います。自分がそうとと心を決めたら義理堅く、忠誠心強く、筋道の通った生き方をした武将として、後世に語り継がれるのではないかと思います。こう考えると忍者というよりやっぱり武将にしか見えないですね!

スポンサーリンク
>