戦国時代を考える2


戦国時代は、日本全国を群雄が割拠して天下統一を目指し合って争った戦乱の時代のことをいいます。

スポンサーリンク
>

main_img

戦国時代の初期には、多くの権力者が日本の各地に大小さまざまな国を乱立させていました。この状態のことを群雄割拠と言います。sample2_bigそして争いの末、生き残って徐々に勢力を広げていった権力者が、後に大名と呼ばれました。特に群雄がひしめいていたのが関東から中部地方だそうです。当初は徳川家康は今川家の配下で、豊臣秀吉は織田家の配下に過ぎませんでした。戦国時代をいつからいつまでとするのは色々な説があります。一般には応仁の乱のあった1467年から、徳川家康が幕府を開き、豊臣家を滅ぼした1615年までと言われています。(ただし私は北条早雲の伊豆侵攻を始まりとする説派です)応仁の乱とは、その頃の2人の権力者が地位を巡って京都で争った戦いです。(この乱については別記事にも書いてます。応仁の乱1応仁の乱2)大迷惑な事に京都の市街地で戦ったため、京の都は大変なことになったそうです。

thP6DGWZB8

スポンサーリンク
>

それに対して何も出来なかった当時の最高権力機関の室町幕府の力も弱体化してしまいます。その頃は、あまりの貧しさと重税に耐えかねて農民が各地で一揆を起こしていて、世の中も大変なことになっていきました。各地の権力者や武士達は幕府に不満を募らせて、独立して動くようになりました。1532_img05一部地域では、農民と僧侶が結託した一向一揆が起こり農民に国が占領されました。すると、ますます各地の一揆は激しさを増し、日本全国が乱れまくります。各地の権力者はそれを利用して鎮圧して、自らの勢力を固めました。幕府にそうした動きを止める力はなく、こうして戦乱の時代が幕を開ける事となります。

しかし、初期の戦国時代は各国の規模や合戦も小規模だったので、戦国時代としては取り上げられていません。つまり、時代が目まぐるしく動き出すのは北条早雲による伊豆侵攻からってわけです。各地の力をもった武将たちがこの早雲の下剋上を機に虎視眈々と力を狙いだしたのです。だから私は早雲伊豆侵攻を始まりとして捉えてるんです。

スポンサーリンク
>

izu008