戦国時代の終わり


戦国時代は日本の歴史のなかでも特殊な時代で、「織田がつき羽柴がこねし天下餅、座りしままに食うが徳川」なんてことわざがありますが、決して徳川家康は楽をして幕府をおこしたわけではありません。

5fc09ba9-s

スポンサーリンク
>

okehazamarootさて戦国時代は織田信長の出現によって様相を呈してくるのですが、そのきっかけとなったのが「桶狭間の戦い」です。公家かぶれの今川義元の大軍勢を深夜の奇襲攻撃で義元の首級を取ったのは有名な話ですね。義元は公家かぶれで、大軍勢なのに信長に負けた武将として暗愚な人物の象徴のように思っている方も多いかもしれません。しかし義元は決して愚鈍な人物ではありません。むしろ非常に優秀かつ有能な人物だったというのが最近の説です。実際に義元が行った功績も多く残っています。

1158edo_okehazama02

スポンサーリンク
>

oogaeshiともあれ、義元を破った信長は勢いをつけ、美濃を攻め勝利し、稲葉山城を手に入れ、その時に名前を「岐阜城」に改め天下布武(武力によって天下を平定する)のスローガンをかかげ、徐々に力をつけていくわけですが、天下平定が手の届くところまできて「本能寺の変」で明智光秀の謀反によって殺されてしまいます。その時、羽柴筑前守秀吉は中国の毛利家と戦っていたのですが、織田信長暗殺の悲報が届くとすぐ毛利家と和睦し、これがいわゆる秀吉の「中国の大返し」で、真っ先に明智光秀と山﨑の合戦で勝利を得、天下統一の道を進んでいきます。

羽柴秀吉という武将は、俗にいう「人たらし」で、竹中半兵衛や黒田如水などすぐれた軍師に恵まれていました。その後「賤ケ岳の戦い」で宿敵柴田勝家を倒し、実質的に織田信長の遺領を手中に入れ、天下統一に向けて邁進していきます。そして小田原討伐で最後まで抵抗していた北条家を倒し、名実ともに天下人になるわけです。余談ですが、ギリギリまで抵抗していた伊達政宗がついに秀吉の軍門に下る際、白装束で秀吉に謁見したというのは有名な話です。こうして秀吉の偉業によって、戦国時代はほぼ終わりをつげます。

ESYS0014_1

スポンサーリンク
>