浅井三姉妹 茶々の行方?


こんにちは。

最近得意分野じゃないことを書いてます!おかげでいろんなネットを見て勉強になってます!(笑)ネットで調べてると、すぐ別の関連したことを調べだして簡単に時間すぎちゃうんですよね・・・^^;

そんな私の個人事情はさておき、今日もちょっと得意からは離れた部分を・・・!

2994d3a0

スポンサーリンク
>

日本史上『こんなにも命運が分かれた姉妹はいない』と言われているのが浅井三姉妹でしょう。長女の茶々( =淀君:こっちがむしろ有名ですが敢えて茶々で)は豊臣秀吉の側室に、次女の初は京極高次の正室に、三女の江は徳川秀忠の正室になりましたしかも、茶々と江は最終的に敵味方となってしまったわけです。 戦国時代ですから、身内が敵味方に分かれてしまうことは珍しいことではないです。それでも優勢になってきた徳川家にいる江は茶々のことを助けたいと思ったのではないかな、と思うのです。

初は子宝に恵まれることはありませんでしたが、それでも江の産んだ女子を養子に迎えました。 本当の子どものようにかわいがったそうです。また大阪の陣では豊臣方の使者として双方の話し合いに出たそうです。これは初にしか出来なかったことだと思います。豊臣が滅んでからは、妹の江のもとで暮らしたということです。初は初なりに幸せを感じていたのかもしれません。

15fdd62f392c2a967db32228b3f0cb0c

スポンサーリンク
>

気になるのは、茶々です。茶々は悪女と言われることがありますが、果たしてそうだったのでしょうか?幼いころに2度の落城を経験し、両親を失ったわけです。妹2人を守らなければいけないということもあったでしょう。また両親を死に追いやった、秀吉の側室になるというのはどういう気持ちだったのでしょうか?憎しみもあったと思います。浅井の血を残すためにも、憎い秀吉のところに飛び込んだのかもしれませんよね。

そんな茶々は嫡男の秀頼とともに大阪の陣で自害をして亡くなりました。 しかしその遺体は発見されていません。当然、茶々は本当に大阪城とともに亡くなってしまったのか、という疑問が残ります。伯父の織田信長も本能寺の変で亡くなりましたが、同じく遺体が見つからない、ということがありました。織田の血を引く者に同じようなことが起きたというのは、何かあるのでしょうか。

20130616_596647

もしも、茶々が秀頼とともに抜け道を通って自害を免れたのであれば?市井の人に紛れて暮らすことは出来たのでしょうか?高貴な人だったと思うので、市井の人に紛れることは不可能でしょう。そうなると誰かが手を貸して、そして生き延びたのかもしれません。抜け道の存在を知っている何ものかによって助け出された可能性もあります。戦国時代は密偵もたくさんいたので、もしかしたら助けると見せかけて、殺害をしてしまったかもしれません。

とはいえ。

茶々と秀頼たちが自害したと言われる焼け跡からは33人の焼死体が発見されたそうです。この中で身元が特定されたのは1人だけだそうで、残り32人は全く身元不明だそうです。猛烈な火災と爆発が激しすぎて誰が誰だか全く判別できない状態だったんですね。であれば残り32人の中に入っていると考えるのが普通だし、たぶん間違いないだろうとは思います。

しかし、茶々と秀頼の遺体が見つからない(特定されない)ということは当然歴史のifを生みます。それを元にして色んな説が出て色んな逸話やフィクションもでてきます。そういったものも歴史のミステリーでおもしろい部分じゃないかと私は思います。

rekishinomoshimo_main

スポンサーリンク
>