大河ドラマ「真田丸」第37回 信之 


こんばんは。

37話【信之】見終わって早速書いています。
大河ドラマの話に関しては、信繁→幸村と敢えて貫いてますので、そこんとこご理解お願いします!^^;

スポンサーリンク
>

いやあ、内野聖陽の家康、なかなかいい味出してますねえ。あの嫌味っぷり、でも少しコミカルなところも出てる感じ、いいキャストだと思います。

さて、信幸が昌幸と幸村の命乞いをしたところがクローズアップされた話でした。本田忠勝も命乞いをして、それが許されるも信幸は改名することになり、昌幸からの一字拝領を返上することになりました。別の話でも書いたのですが、当時は父や祖父等から漢字を一文字引き継ぐ風習がありました。この拝領した漢字を捨てるということは、ドラマ通り、父昌幸と縁を切ることを意味しています。昌幸、信幸、幸村、みんな複雑な想いだったでしょうね。

ドラマの中で家康が昌幸と幸村を大阪城に呼び出し、「戦に勝ったのに~」という言葉がありました。その通り、真田軍は第二次上田合戦で徳川に勝利したのです。もちろん、徳川を完膚なきまでに叩きのめしたわけではないですが、大勢からみると真田の勝利と言えます。でも領地没収です。つまり、関ケ原がやっぱり天下の行方を決める要の戦なのです。上田合戦は所詮、局地戦に過ぎないのが良くわかります。仮に秀忠があのまま上田城を攻め続けていたらどうなったでしょうか?いろんなパターンが考えられますが、私はさすがに負けていたのではないかと思います。昌幸ファンとしては勝つと言いたいところですけどね^^;

昌幸がドラマでも叫んでいたように上杉が会津にいたから「上杉と連携して」であれば上田では勝てたかもしれません。しかし、現実は関ケ原は1日で終わったのです。その情報が上田に入るころだと各勢力は当然徳川になびきます。太いものには巻かれるわけです。であれば、上杉とどれだけ連携しようとしても、おそらく全く歯が立たない戦いになっていたんではないかと思います。ドラマではその辺りを踏まえたうえで、幸村が突っ走ろうとする昌幸を止めたんでしょう。幸村、前回の佐助の報告の時もですが、冷静すぎますね。さすがは主役といったところでしょうか。(笑)

ところで出浦昌相が生きていたとは!ドラマでは完全に忍者重臣って感じでしたが、実際はどうだったんでしょうか。岩櫃城代とかもやってるので、忍者というよりは武士だと思いますね。ただし、忍者衆の棟梁であったのは間違いないようで、その変から忍者のイメージがついているんでしょうね。史実では昌相の子孫は松代藩で家老になっているので、生かしていたなら今後どんな登場の仕方をするのか気になるところです。

次回は九度山に入った昌幸たちの生活が描かれるのでしょうか?実際は九度山に流罪になってから大坂の陣までの真田家についてはあまり知られてません。NHKがどんな解釈をしてどんな描き方をするのか楽しみです!
ちなみに九度山は弘法大使の母親縁で九度訪れたことに由来しているとは知りませんでした!

真田幸村については別記事書いてますので、よろしければご一読ださください。

スポンサーリンク
>