邪馬台国について 吉野ケ里に期待大


邪馬台国って本当に不思議ですよね。存在していたことは分ってるのに、場所すら未だに特定されないのです。今回はいろんな諸説ある邪馬台国についてちょっと触れてみたいと思います。

スポンサーリンク
>

001九州北部のクニの王のなかには、海をこえて中国王朝と交渉を持つものがありました。中国皇帝の権威を借りて自分のクニの権威を強めようとするものでしたが、中国皇帝の力が弱まると動揺し、2世紀後半には倭は大いに乱れました。3世紀をむかえると、中国大陸では魏・呉・蜀がならびたつ三国時代になりました。この時代の歴史書である「魏志」によると、倭では2世紀の後半に大乱がおこり、やがて地域的に連合する動きがうまれました。

3a7a941cde618f3770af7d91d854307fそして諸国の王は共同で邪馬台国の女王卑弥呼をたて、邪馬台国を中心とする30国余りの小国の連合ができました。紀元239年には、卑弥呼は魏の皇帝に使いをおくり皇帝から「親魏倭王」の称号をおくられたといいます。邪馬台国は、政治と祭りがまだわかれていない国であったらしいです。女王卑弥呼は神につかえる巫女としての呪力で人びとをみちびき、夫はおらず弟が政務をたすけて国をおさめていたといいます。また、邪馬台国では身分の差が明らかに存在し、法の秩序もありました。税の徴収も行われ、おさめられたものをたくわえる施設もありました。さらに、市も開かれて諸国のあいだで交易が行われていました。卑弥呼のあとは男性の王がつぎましたが、連合した諸国では男王に従わず卑弥呼の一族である壱与が女王になると、やっとおさまったといいます。

スポンサーリンク
>

yamataikoku_last邪馬台国の所在地については、九州説と近畿説とがあります。九州説をとれば、邪馬台国は九州北部の地域政権ということになり、近畿説をとれば、すでに3世紀前半に近畿の大和地方を中心に、のちのヤマト政権につながる連合体ができていたことになります。3世紀後半の邪馬台国の記事を最後に、100年以上にわたり中国の歴史書には倭についての記事は見えなくなります。つぎに倭の動きがわかる資料は、中国東北地方から朝鮮半島北部に国家をつくった高句麗の王、広開土王の碑です。この碑文には、倭の兵が辛卯の年(391年)以降、朝鮮半島にわたり、高句麗軍とたたかったことが刻まれています。

個人的には九州説のほうが合理的かなあとは漠然と思いますが、そう言い切れる根拠も知識も今は持ち合わせてないです・・・。30年前に佐賀で発見された吉野ケ里遺跡ですが、これは邪馬台国と関係がある可能性があるとして注目されています。実査しに吉野ケ里に行くともう完全に邪馬台国としてアピールしまくってますけどね。(笑)

img_06

スポンサーリンク
>