安土城はどんな建物だったのでしょうか


kituki

スポンサーリンク
>

戦国時代には多くの城が建てられました。江戸時代になると修繕にも許可が必要となったり、1つの藩に1つの城しか持ってはいけない一国一城令が出来ました。戦国時代のほうが自由に城を建てることが出来たのかもしれません。明治時代の廃藩置県を機会にして、多くの城が取り壊されましたが、戦によって取り壊された城もたくさんあります。再建された城もたくさんありますが、あることは事実でもその設計図なども曖昧になっている有名な城もいくつかあります。

01300000165488121475604802822その一つが安土城です。安土城は織田信長の居城でしたが、本能寺の変で織田信長が明智光秀に滅ぼされ、その後安土城も明智軍によって火が放たれたという記録は残っています。しかし安土城がどんな城だったのか、あまり分かっていない部分もあります。一般的な天守閣ではなく、最上階は六角堂のような造りになっていたとも言われています。南蛮文化に興味があった信長であれば、従来の天守閣を好まなかったのかもしれません。他の武将とは違う城にしたかったんじゃないかなと想像をすることができます。

今、全国に残されている城は再建されているものが多いです。中には築城当時の雰囲気を持っており、修繕を繰り返して国宝になっている城もあります。修繕を行って、築城当時のことを知ることが出来るという場合もあります。そして現存をしている城は大抵同じような形をしています。石垣に工夫がされていたり、敵が攻め込みにくい構造になっていたりもします。

スポンサーリンク
>

th9w50s83t安土城はどうだったのでしょうか?安土城は今となっては、一部の石垣が残っているだけです。その残された石垣から安土城がどんな城だったのか、ということも分かればいいなと思いますが、難しいと思います。伊勢戦国時代村の安土城模型を見て、あれが安土城だと思ってる人もいるかもしれませんね。(笑)

城はその城主を現すものだと思います。天下統一を目指していた信長の性格を現すような城だったのでしょう。本能寺の変の直後に焼かれてしまったということは、それだけ光秀も信長のことを憎く思っていたのかもしれません。もちろん軍事的意味合いもあるのは当然ですけどね。

出来れば安土城もしっかり調査ができて全容が解明され、再建してもらいたいなとくのが歴史ファンとしての本心です。なかなかそこまで行くのには難関が多いところでしょうが、歴史研究家のみなさま、どうぞよろしくお願いします!

adutihonmarubu-b

スポンサーリンク
>