大河ドラマ「真田丸」第48回 引鉄


あらすじ

fa224567f7abf96a8449bd7f47c33056_6175和睦を決めた両軍であったが、大坂方は堀まで埋められるという条件を飲んでしまっていた。また、徳川は大坂の牢人衆を大坂から出すよう要求し、幸村はじめとする豊臣方はこれを飲めば、すぐに戦がさし開始、勝つことができない状態になることを分かっていた。そこで幸村は、茶臼山と岡山をつなぐ防壁を築き、徳川との次なる戦いに備えることを秀頼に献策する。秀頼は承諾し、大野治長も汚れ役は自分が引き受けるので、幸村は存分に豊臣のための策を立て実行するように伝える。治長も徳川と戦う決意をしたことで幸村も自由に動けるように思えたが・・・。

スポンサーリンク
>

bd9l18ii3pzhrjq_iqecu_30和睦にあたって幸村は牢人衆に家康の本陣を奇襲させる。この奇襲により家康が京に引き上げることを予測した幸村は佐助に道中で家康を暗殺するように指示を出す。佐助は家康の寝所に忍び込み、家康を刺したかにみえた。佐助は成功したかに見えたが、これは家康の影武者であった。暗殺に失敗した幸村は佐助をねぎらい、別の手段を考えて対抗していくことを決意するのであった。

再三徳川から牢人を解放するよう要求されていた豊臣方であったが、幸村はこれを抑える。大蔵卿は早く牢人を追い出したいところであったが、治長は「母上には聞いておらぬ、もう口を挟むな」といい、治長が完全に幸村たち牢人衆と同じ考えになってきたことを示唆するものであった。治長の弟、治房の不手際によって、牢人たちに大坂の金銀を恩賞として渡すことになった。しかし、牢人たちがその金銀で新しい武具を仕入れてしまっていた。更に治房を中心とした牢人衆が、大坂の内堀を掘り返してしまう。徳川方はこれを和睦を破る行為と認識し、状況は幸村の思惑を超えて大きく動き出すのだった。

スポンサーリンク
>

hwchannel_20161203_4683703_0-enlarge幸村は大坂城内で千利休が隠していた馬上筒を発見する。次の戦では家康本人を討つしかないと思っていた。そのために騎馬鉄砲を考えていた幸村にとって、火縄中より早い射撃ができ、扱いやすい馬上筒は最適な武器と言えた。そんな中、兄の信幸は幸村が死ぬ気であることを理解する。その上で、「止められるのは自分しかいない」として大坂に向かおうとするのだった。

感想

sanadamaru3228大野治長、なんかすごく牢人に理解のある武将になってきましたね!大蔵卿を抑えたり、幸村にはフォローするから好きにやれといったり。武将としてすごく成長している感じです。対して弟の治房、粗暴で思案の足りない武将として描かれています。すべての牢人に我慢させているときに蔵から金銀を自分の周りには配ったり、牢人を引き連れて内堀を掘り返しに出かけたり。そのために反対する兄治長を襲撃したり。

実際、堀を掘り返したり、武器をそろえたことで徳川がまた攻めてくるキッカケになったことは史実です。もっとも家康としては豊臣を滅ぼすためのに綿密な計画を立てていたわけです。単発でなく、中期に渡って戦略を積み重ねているわけです。幸村がいかに策を立てようとも、それが徹底できない体制では何の意味もありません。つまり、統制できてない軍隊が力を発揮できるわけないですよね。もっともそれらも含めて幸村の統率力や能力と言えるのかもしれませんが、実際幸村が豊臣内でどれだけ力があったかなんて分かりません。ぶっちゃけ、あんまりなかったんではないかと思うくらいです。

thg4ow6hfm戦は天の時、人の和、地の利等とも言われますが、幸村はどれも持っていなかったのかもしれません。それどころか権力さえなかったのであれば、仮に幸村がどんな名将でどんなに智将であったとしても勝てる戦も勝てないですよね。

さて、今後いよいよ「真田日本一の兵」と言われる最終局面に入っていきます。幸村がどんな活躍をし、家康を震え上がらせ、忠義の士としてどんな対応で戦っていくのか。ドラマとはいえ楽しみなところです。

スポンサーリンク
>