大河ドラマ「真田丸」第36回 勝負


こんばんは。

さあ、いよいよ盛り上がってまいりました!

前回の涙涙の親子兄弟の別れからいよいよ第二次上田合戦でしたね。沼田に立ち寄った昌幸幸村軍を稲姫が城に入れなかったというエピソードは有名ですが、今日のドラマでは一度昌幸たちに会った後に城に戻ってました。準備をすると言って戻ったのは、迎え撃つ準備をするってことだったんですね。この部分は作られてるんでしょうけど、昌幸たちに会って信幸の妻として、敵味方となった部分をより明確に表現するための演出なんじゃないかなと思いました。

スポンサーリンク
>

さて、秀忠率いる徳川3万の大軍が真田の上田城に押し寄せましたが、小勢の真田軍はまともに戦っても勝てるわけがありません。そこで昌幸は戦略を練り、血さな局地戦に持ち込み、すこしずつ撃破してました。徳川軍からすれば、そんな甚大な被害ではないんでしょうが、徳川軍の士気を下げ、逆に真田軍の士気を揚がったのは間違いないでしょう。結果、秀忠軍は上田を離れ、関ケ原を目指すことになりました。ここで本気で徳川軍が力で押し寄せてたらいかに昌幸幸村と言え勝敗はどうなったか・・・。さすがに負けてたかもしれませんね。

ともあれ、真田軍は秀忠軍の足止めに成功したわけです。結果的には真田軍の勝利と言ってよいでしょう。勝利に沸く真田軍、そこへ佐助が神妙な面持ちで関ケ原の結果を知らせます。天下分け目の戦いはわずか1日で勝敗が決することになってしまいました。真田家だけでなく、あれだけの大戦なので、ほとんどの人は長期化すると思ってたでしょう。上杉家の直江兼続も徳川を攻めようとする景勝を長期化を理由に止めていました。今日のドラマには出てきませんでしたが、伊達政宗も長期化するとにらんでいたようですし、去年の主役、黒田官兵衛も同様に思っていたと言います。昌幸、兼続、政宗、官兵衛、いずれも天下に名の知れた知恵者です。それが揃いも揃って長期化すると考え、それぞれの考えで動いていたのです。関ケ原の詳細や背景などは今回は書くのを控えておきます。純粋にドラマの要点と私の私見なので!(笑)

幸村の義父である大谷吉継も戦死してしまいました。吉継は私の好きな武将でもあげた武将です。吉継は秀吉が100万の軍の指揮を採らせてみたいと言ったというエピソードがあるほど有能な人物で、実は家康と結構仲が良かったらしいです。東軍につくのも十分考えられる中で、親友の三成を助けるために西軍についたとも言われています。ドラマでも東軍に行くところを三成に頼まれて西軍の参謀として残って活躍してましたね。関ケ原の戦い勝敗の決定となった小早川秀秋の裏切りも吉継だけは警戒しており、備えもしていたそうです。が、多勢に無勢すぎてどうしようもなかったらしいです。

来週は関ケ原の要旨とか西軍に味方した大名たちの論功行賞とかがメインになりそうです。予告編でも昌幸たちを家康がどう裁くか、信幸がどう助けるかが焦点になるのでしょう。前回の犬伏の別れでも伏線張ってありましたし!(笑)

ともあれ、現代風にアレンジしすぎてる印象がある今年の大河ドラマですが、キャストのイメージはかなり良いと個人的に思ってます。来週以降どうなっていくのか、そしてメインの大坂の陣にどう盛り上がっていくのか。

素直に楽しみに待っておくことにします!

ちなみに真田幸村については別に書いてますので、どうぞ読んでみてください!^^

スポンサーリンク
>