大河ドラマ「真田丸」「おんな城主直虎」 赤備え 


NHK大河ドラマ真田丸中で大坂城に造られた真田丸に攻めてくる井伊直孝の赤備えを見ながらの真田幸村と高梨内記が言葉を交わします

幸村壮観だな
内記相手に不足はございませぬあちらにも赤備えがおりますぞ
幸村あれは井伊直孝のかの井伊直政の次男坊じゃ
内記井伊でございますか
幸村向こうにもここに至るまでの物語があるのだろうな
内記一度聞いてみたいものですなあ

スポンサーリンク
>

sag2016052601001456_id1_20160526062010放送直後ネット上では気に来年の大河の番宣になっていたさり気なく直虎につながっているのがすごい」「にくい演出だ」脚本の三谷幸喜の粋ならいを絶賛する声が相次ぎました幸村が口にした向こうにもここに至るまでの物語来年1年間をかけて大河ドラマおんな城主直虎描かれることになります井伊家と言われると幕末の大老井伊直弼のイメージが強いと思いますかくゆう私は井伊といえば井伊直正になりますが。そんな井伊直正や直弼の先祖が来年の大河になるというので少し勉強してみました元々井伊家は遠江の豪族で今川氏に従っていたようです。桶狭間の今川義元の死を契機に井伊家は錯乱しまくり、武田信玄の侵攻も重なって勢力は大きく衰退してしまいます。

img_top

スポンサーリンク
>

5975479徳川家康に仕える家臣の中で最も大きな功績を残した4人は徳川四天王と呼ばれています徳川四天王とは酒井忠次本多忠勝榊原康政井伊直政の4人の武将を顕彰した呼称その中で最年少の井伊直政は戦上手で家康から絶大な信頼を寄せられていました。武田家には赤備えと呼ばれる精鋭集団がいましたが、織田信長によって武田家が滅ぼされると、旧武田の遺臣は家康によって召し抱えられました。そしてその赤備えを引き継いだのが井伊直正だたと言われています。

大河の主人公の直虎と直政はどういう関係かというと後見人という立ち位置になります直政の直親は直虎の許婚でしたがいろいろあって結婚にはいたらず直親は別の女性と結婚その女性が直政を産みますおとわが直虎となって直政を支えていくという話とのことです

今の真田丸からは少し時代は前になりますが家康秀吉信長など鉄板の戦国武将の出番もありそうです来年は逆側から関が原の戦いや大阪の陣が描かれることになるわけです歴史は片方からしか見ていては真実は分からないはず今年とは違った戦国時代を見ることができそうです

スポンサーリンク
>