大河ドラマ「真田丸」第47回 反撃


あらすじ

和睦か徹底抗戦かで2つに分かれていた豊臣方であったが、幸村の淀君への口利きにより交戦に傾いてた。そこに徳川方から大筒が撃ち込まれ、大坂城内の上層部は一気に和睦へ傾く。

スポンサーリンク
>

82934d6dda19b9683995d7a137c7b4a1_22620和睦に反対する牢人衆を他所に、幸村は和睦と決まったからには有利に交渉すべく試案を巡らす。織田有楽斎は自分が交渉に赴こうとするが、徳川方には本多佐渡がいるため、並の者では交渉に勝てないと見た幸村は女同士で和睦交渉するのがまだ可能性が高いと考えた。幸村は淀君の妹である常高院を押した。これに大蔵卿ときりが同行し交渉を進めることになった。幸村の献策通りにならないにもかからわず、次々に考えを巡らす幸村に感心していた。幸村は秀頼に「諦めない者だけに道は開ける」と説くのであった。

ede77d739c5d0705ee2af6396b0d583d常高院をはじめとする和睦交渉団は徳川陣へ赴く。徳川方の交渉者は阿茶の局であった。本多佐渡に劣らない阿茶の局の老獪さに大蔵卿は簡単に陥落してしまう。常高院ときりはなんとか粘ろうとするが、阿茶の局と大蔵卿の勢いを止めることができず、交渉戦に敗北してしまう。

交渉結果は双方に書状で伝えられたが、重要なことが書かれていなかった。あまりに豊臣方の有利な内容が書かれていたため、不審に思った幸村はきりに詳細を尋ねる。書状に書かれてないところで、真田丸の解体、大坂城の堀を埋めることが決められていた。これに驚いた幸村は大蔵卿を問い詰める。大蔵卿はこの条件であれば牢人が大坂から出ていき、徳川の攻撃もなくなると言うが、幸村は徳川が丸裸になった大坂城を放置するはずがないと語気を強める。息子の治長も「母上は豊臣を滅ぼすつもりか」と大蔵卿の判断を誤りであるとした。

しかし後の祭り、もう豊臣方に勝ち目がないと判断した幸村は牢人衆にも大坂を去るように伝える。妻子に上田に逃げるよう話していた幸村のところに浪人たちが集まってくる。牢人たちは幸村に策を立てるように促す。そこに秀頼も登場し、「諦めない者だけに道が開けるのである」と幸村の発奮を促す。覚悟を決めた幸村はこの窮地をいかに打開するか、徳川に一泡吹かせるかを考えることにするのだった。

スポンサーリンク
>

感想

sanadamaru126藤由貴演じる阿茶の局、いい味だしてますね。阿茶は非常に聡明な女性だったようで政治や戦略等だけでなく、馬芸や武芸にも通じていたそうです。更には美貌も兼ね備えていたとか・・・。そんな優秀すぎる女性なのに、時代背景もあるのでしょうが、前に出過ぎず家康をサポートし続けていて内助の功を絵にかいたような女性だったようです。こんななんでも持った人って男でも女でも羨ましすぎるですね!家康も全幅の信頼を置いていたようで、戦場にも連れて行っていたようです。実際、今回のように大坂の陣の和睦交渉にも数回行ってますし。

sanada43-9一方、そんな阿茶に立ち向かったのは大蔵卿。淀君だけでなく秀頼の乳母にもなったことで権力を持った女性です。大坂の陣和睦交渉だけでなく、方広寺鍾銘事件でも表に出ています。この時の徳川方の対応者も阿茶の局でした。いずれも交渉も豊臣に有利な結果には結びつきませんでした。暗愚というわけではないのでしょうが、普通の能力の一般人だったのでしょうね。そんな大蔵卿が聡明の典型のような阿茶の局と対峙させられる、勝てるわけがないのです。ちょっとかわいそうな気もしますね。

しかし、大坂の諸悪の根源は「淀君、大蔵卿、大野治長」のTOP3とも言われます。能力の不足した人が上にいること自体が悪なのです。それは昔も今も変わらないのではないでしょうか?会社でもどんな組織でも能力の足りない人が上司または経営者であるほど下の人は報われないと思いませんか?wnsl0

スポンサーリンク
>