青銅器や鉄器 どうやって伝来した?


こんにちは。

古代史に足を踏み入れてみます!華やかなところ少ないので知識も少ないのですが、古代はロマンありますよね!昔の人たちって道具も行動もすべて手によるもので、今の機械化された文明からは想像できません。ただ純粋にスゴイとしか思えません。
(私としては旧石器時代から弥生時代までを原始時代としておきます)

スポンサーリンク
>

以前より疑問に感じる歴史上の実話いくつかありますそれが時代が遡れば遡るほど多くの疑問がありますもちろん残っている資料が少ないからあくまでも偉い学者たちの見解により史実とされているわけですから疑問も多くなるのも仕方ないと感じます。もちろん学者たちは多くの時間と労力をかけて、なんらかの裏付けをもって発表していることなので、ほとんどは恐らく合っていることだと思います。しかし、裏付けもなく想像にすぎないもの、また裏付けもあるが解釈違いだったということもあります。だから、ときどき新発見があったりすると覆ることもあるわけですね。私はそれを否定するものではありません。むしろ研究を続けて歴史を解き明かしてくれる学者たちを尊敬するものです。ただし今回はそのうちのひとつについてわたしなりの私見を書いてみます

みなさんも授業で聞いたことがあるのでは?青銅器鉄器が大陸から伝わりましたという表現です。弥生時代初期のことで、日本史上では劇的に大きな転換点です。渡来人が技術を授けたことになっていますこの何気ない一文、なんだか違和感ないですか?青銅器鉄器といえば軍事転用可能な最新技術ですそのような技術を簡単に他国に教えるでしょうか現在に置き換えてみます日本の技術力は素晴らしいですその技術のうち軍事転用可能なものである核の技術を懇切丁寧に北朝鮮に教えるでしょうか最初は核はエネルギー開発のために使います、言うでしょうしかし仲が悪くなれば自国に核兵器を使用してくる可能性がありますそんな技術を絶対に教えないはずですアメリカも武器輸出はするものの日本にさえその技術を教えるようなことはしませんだからこそ何気なくもたらされたというのは違和感があるのです

スポンサーリンク
>

ではどのようにしてもたらされたか考えてみます当時大陸や朝鮮半島は戦争につぐ戦争の時代でした大陸から日本に渡ってきたのは大陸の難民や敗戦した国の人々ではないかと思うのですここで3つの仮説を立てます

1)逃げてきた敗戦国の人間が日本人に青銅器鉄器の技術を与えて日本人の軍隊をつくりもう一度大陸を攻めようとした
2)
日本に逃げてきた人々が日本を占領しようと日本人と戦争を日本人が負けて大陸からの技術をもった人々が国を乗っ取ってしまった
3)逃げてきた人々が日本に定着し、日本従来の人たちと融合した

どれもまったく根拠ない話です資料がほとんどない以上どんな仮説も史実になり得る可能性がありますこれらの仮説は意外にありえるんじゃないかと思います。特に敗戦側が逃げてきたという点は結構もしかしてあたってるんじゃ?と思うくらいです!みなさんはどうおもいますか?

みなさんも歴史を妄想してみましょう!仮説というとかっこよくて堅苦しいですが、要は妄想ですから!(笑)
新しい発見や自分なりの歴史観ができるとおもしろいと思いますよ!

スポンサーリンク
>