大河ドラマ「真田丸」第45回 完封


あらすじ

籠城策に決まった大阪方だったが、城内は合戦の緊張感がなく、いまだに一致団結できない状況だった。

スポンサーリンク
>

e4ec1d5589772a8eb6d7c32cb4722117_14001徳川方は数か所の砦を攻め落とすことに成功した。大将が持ち場を離れているときや兵力を増強する直前に攻められており、いずれも弱い部分と言える処だった。不自然に感じた毛利勝永は幸村に「内通者がいるのではないか?」と考えを示す。幸村も思い当たる節があり、それが織田有楽斎ではないかと考える。そこで幸村は一計を案じ、有楽斎に城内の弱いところを有楽斎に漏らし、カマをかけてみることにした。案の定、徳川方が攻め寄せてきたため、幸村は有楽斎が徳川方に情報を漏らしていることを確信したのだった。

江戸では信之のもとに福島正則と平野長康が訪ねてきた。賤ヶ岳七本槍にも数えられる2人は秀吉子飼いの武将だった。2人は豊臣家に恩義を感じており、大阪城に兵糧を送りたいと信之に相談する。うまく運び込むには手回しが必要である。正則たちは大坂方の中心人物である幸村と連絡を取れば、成功すると考え兄である信之を頼ったのだった。徳川を裏切ることになることと拒否する信之であったが、幸村に協力したい気持ちの狭間で揺れ動いていた。

徳川方は大阪城を攻略するには真田丸が邪魔であると見抜き、ここを落とすことが第一歩であると考えていた。家康は上杉景勝を呼び、真田丸を攻略するように指示を出す。徳川につく真田軍も麾下につきこれに協力することになった。上杉も真田も幸村と親しく近しいため、踏み絵としての意味合いも含めての配置だった。

oricon_2081244_0幸村は前田軍と井伊軍を挑発し誘き寄せることに成功、後藤又兵衛、長曾我部盛親らと真田丸にて迎え撃つことにし、初めての大規模合戦に臨むのだった。敵を引き付けて銃撃や投石で対応し、被害が拡大するのを恐れた徳川方が退却を始めると、撃って出て完膚なきまでに緒戦を勝利で飾ったのだった。

スポンサーリンク
>

感想

af16cd51大阪の陣の合戦が始まりました!やっぱり合戦は戦国時代の華ですよね。籠城戦においては柵や空堀など事前に綿密に準備しておくことが非常に重要です。もちろん合戦全般に言えることではありますが、有利な位置を確保すること、有利に攻撃すること、つまり有利な状況を作ることは合戦において一番重要です。籠城戦は最初は城自体が守りやすいことを前提に築くので、最初は自動的に有利な状況であることが多いです。今回のドラマでも当然有利に戦った結果がタイトルでもある「完封」につながりました。

ふと思うのは、防衛線の前の遺体はどうするんだろうと思いませんか?今回のドラマでも死者が出ていました。一旦戦闘が落ち着いたときには目の前は戦死者が転がってるわけです。今の感覚だとも自分がそうなると思って士気なんか上がらないですよねえ・・・。基本的には戦死者は放置だったみたいですね。鳥や小動物がついばんだりすることも多かったようです。絵にも残ってたりするのですが、グロテスクなので、ここでは載せません。

333勝敗が決まってから勝者が処理を依頼したりしてたようです。領主だったり地元民だったり。この場合は遺体処理専門業者もいたみたいです。現代の葬儀屋さんに近い感じでしょうか。もしくは庶民が金目のものを取ったり。もっとも大将格だったりすると、相手に首を返してくれるように頼むこともあったみたいですけどね。

さて、幸村たち大阪方は緒戦を勝利で飾りました。普通のドラマだとこのまま劇的に逆転したり盛り上がったりするところですが、歴史なので、結果を知っている私たちはどんな形で表現されていくのかが焦点ですね。

しかし、大野治長はパッとはしないまでも、結構普通の常識的な人物で描かれてますね。大阪の暗愚代表武将みたいなイメージが強いので、なかなか興味深いところです。実は治長は淀君とできていて秀頼の父親だというトンデモ説があります。あながち嘘ではないような話ではありますが・・・。どっかで機会があればこれも別の記事で紹介できればなあと思ってます。ちなみに弟の治房がいまだに一言もしゃべってないのはなにかの複線かなにかなのでしょうか?(笑)

スポンサーリンク
>