織田信長 革命児のすごさは兵農分離にあり!?


おはようございます。

0bd40524戦国で一番有名なのはやっぱり織田信長では?好き嫌いは別にして、ですよ!(笑)
信長がいなければ、戦国も違ってたでしょうし、下手すりゃ今の日本も信長の流れを汲んだ部分あるでしょう。信長いなければ秀吉の立身も家康の江戸幕府もなく、そうなると明治維新もない~と続くかもしれませんね! さて、そんな織田信長について彼がいかに斬新的な人物であったか、例によって独断と偏見で!!

スポンサーリンク
>

織田信長といえば桶狭間の戦いや長篠の戦い比叡山焼き討ちなどの残虐行為そして安土城や楽市楽座などの教科書に出てくる内容をイメージされるでしょう織田信長のすごさはもっともっと別のところにある私は考えております信長が勢力を広げられた要因はいくつかありますがその一番大きな理由は常時動かせる強大な兵力をもっていたことだと思います戦国大名は戦のときには兵士を自分の領国内から集め出兵しますしかし兵士とは名ばかりでほとんどが農民兵だったわけですそのため田植えや稲刈りの時期には兵士を大量に動かすことは困難で戦をする時期が限られていたわけです真田幸隆が難攻不落の砥石城を攻め落とした話は有名でありますが実際は真田幸隆が攻城したときは時期的に戦時ではなかったため城を守る兵力はほとんどなかっただけなのですその時期を狙って秘密裏に攻めた手際は見事ではありますが

total-war-shogun-2-375

スポンサーリンク
>

さて話を元に戻しましょうこのような時代背景の信長はいつでも動かせる兵団が欲しかったわけです。また、軍資金を得るため人を集めるためという側面から楽市楽座を制度化しましたまた全国の腕自慢を集めて相撲大会もやりましためぼしい人材を取り立て農業をしない兵士を増やしていきましたこうして農業に左右されない兵士は絶えず訓練をして他国の農民兵など相手にならない強大な兵力になったわけなのです。いわゆる兵農分離ってやつですね。この戦専門の兵士をいつでも率いて出陣し敵の同盟国が救援に来れない時期に敵国を各個撃破していったのです

農民兵の大名と比べて有利に動けるのは簡単に想像できますよね。「いかに敵よりも有利な状況をつくるか」に着眼をおき人より一歩先の革新的な考え方ができた信長の発想力は紛れもなく天才に他ならないと思います戦上手とか築城のプロとか領国を上手く治める智将とかという次元を超え政治軍事経済を一体で考えることができた人物だと考えますだから信長だからこそ天下統一の手前まで行けたのだとおもうのです

スポンサーリンク
>