征夷大将軍 氏と姓


現代では誰もが姓を持っていますが、昔は誰もが姓を名乗っていたわけではありませんでした。また氏や姓によっていろんな暗黙のきまりみたいなものもあったのです。今回はそんな氏姓にまつわる豆知識的なお話です。

スポンサーリンク
>

thdb22tmf0征夷大将軍(以下:将軍)の“夷”はなんだと思いますか?実は東夷の“夷”で、古くは巨勢麻呂や坂上田村麻呂などから始まり、東夷を討伐征服するための指揮官の役職名でした。東夷は具体的には蝦夷を指しています。これが鎌倉時代以降は幕府のトップの称号になりました。武家の棟梁という認識に変化していったのです。

徳川家康は将軍に就きました。源頼朝や足利尊氏もそうです。ところが、平清盛や豊臣秀吉は太政大臣や関白になりましたが、将軍にはなりませんでした。なぜでしょうか。徳川家も源氏も、関東に都を起きました。一方、清盛と秀吉は関西です。だから関東は将軍で、関西が関白・太政大臣なのでしょうか?足利尊氏は京都を都にしていたから、これは違う気がしますね。将軍は武家的なイメージがありますが、関白・太政大臣などは公家的なイメージがなんとなくあります。でも、これも全くではないですが、少し違います。

%e6%b0%8f%e5%a7%93答えを明かすと氏族が理由です。日本には皇族から別れた「源平藤橘」(げんぺいとうきつ)という四姓があり、源氏しか将軍にはなれないという不文律がありました。源平はわかるとして、藤は藤原氏、橘は橘(たちばな)・立花氏のことです。藤原だと藤原道長、橘だと大友宗麟の配下の立花道雪が有名でしょうか?源頼朝は勿論ですが、足利家、徳川(松平)家も源氏の系統を名乗っていたので、征夷大将軍になりました。源氏ではないので、秀吉は将軍になれなかったのです。豊臣秀吉はもと農民の出身ですので、家系図のようなものはありませんでした。なのでどの氏族なのかはわかるわけがありません。ですが、戦国時代は下克上の時代です。権力があれば、お金などを使って家系を買ったりしていました。お金の力でどうとでもなったというのが本当のところでしょうか。

スポンサーリンク
>

では前述の巨勢麻呂や坂上田村麻呂は源氏なのか?違います。そもそもこの頃は源氏自体代がなかったので、当初は前述のように本当に東夷征伐の称号だったんですね。ちなみに将軍が源氏の専売特許であるように、関白は藤原氏の専売特許でした。秀吉は藤原姓で関白になったあとに豊臣姓を名乗ったので、例外的に豊臣も関白という流れを無理やり作ったことになります。秀吉はそれだけの権力を持っていたということが良く分かりますね。

さて、ここからは少し脱線して、姓についてのちょっとおもしろい話です。

藤原道長の時代、藤原家が権勢を誇り、権力者はみんな藤原ばかりになりました。困ったことに、みんなが藤原だと呼び名が大変になります。そこで、所有する土地の名前とともに呼ぶようになりました。「伊勢守の藤原」とか、「加賀守の藤原」というように。それでは長くて言いづらいので、縮めて、「伊藤」「加藤」になったと言われています。本当かどうかわかりませんが、個人的にはかなり説得力ある気がします。ただし、現在の伊藤さんや加藤さんが藤原家の子孫かどうかはわかりません。

江戸時代には8割の農民が苗字を名乗ることを許されなくなったので、現在の私達の苗字は明治になって新たに作った方が大半だと思われます。ですが、江戸時代、代々口頭で「実は我が家は○○という苗字なんだよ」と伝えていく隠れ姓という風習もありましたので、もしかしたら、あなたの身近な「伊藤さん」や「加藤さん」は本当は平安時代の藤原家の子孫なのかも知れませんね。日本の苗字は世界で最も多いと言われています。苗字って意外と奥が深くて面白いですね。

スポンサーリンク
>