士農工商 支配階級のハズ?


韓国の歴史物、ドラマはかなり誇張やありえないシーンとか考え等が出てきますが、そういった中でも支配階級がかなり大きいと感じます。これは中国、嫌ヨーロッパでも同じように支配される側とそうじゃないものに分けられると思うのです。

スポンサーリンク
>

20050823日本では士農工商、小学校や中学校でも習う身分制度があります。ということで江戸時代には支配階級がはっきりしてと皆さん思いますよね。日本でいわゆる身分制度というのはちょっと違っていてこの4つの部分からしても違和感を感じます。しかし私は、ちょっと他の国とちょっと違う意味での支配階級じゃないのかなと考えるのです。一番上の武士が一番先頭に立っているのは、わかるとして2番目が農民、そして工、最後に商という身分の分け方です。どう考えたって農民が2番目の身分というのは訳がわからないし、商人が一番下だというのも不思議に思うところです。

16f6ffa7いわゆる、この江戸時代の身分制度は精神論からくる身分制度であって実際の支配階級とはあまり関係のない身分制度とはいえないと思うのです。つまり、武士は支配階級だから別として国のメインになる農民は2番目、ただし年貢を収めるという意味ではかなり支配されている側であります。しかしながら、工・商といった江戸っ子をイメージするような下の階級であるはずの人が明るくあまり支配されているイメージはありませんね。むしろ、なぜか支配階級である武士が商人に借金をして頭があがらないという事すらイメージされ実際にあったとされます。

スポンサーリンク
>

4-17ちなみに支配階級であるはずの武士でありますが、切り捨てごめんという物騒な権利は実は刀を使えば自分も切腹させられるというのが通常で権利を行使できることはなかったとされるようです。また、農民に年貢を徴収する場合に一揆を起こされると実はそれを監理していた武士が切腹、一揆をした農民の代表が殺されるといった痛み分けの形になると聞いたことがあります。ドラマなんかでよく聞く悪代官といわれるのは、年貢をきっちり取る者をいうのであって、折り合いの良いところで目こぼしをするのが良い代官のようです。お上の言う事だからさからえないというのは、農民側の庄屋などが自分も処罰されないようにいう言葉だったのかもしれません。武士側としても切腹したくないから、まあまあと(てきとうな時点で)目こぼしをするわけです。

士農工商の実際は、支配階級であるはずの武士も、商人どころか農民の目を気にしなきゃいけないという日本独自の精神論が大きい身分階級だと思うのです。日本の身分制度は世界の身分制度に比べるとほっとする精神論だと思いませんか?

スポンサーリンク
>