本能寺の変 黒幕がいた?


日本史にはいくつもの解明されていない謎があります。邪馬台国がどこにあったのか、という謎も研究が進めばもしかしたら分かってくるのかもしれません。同時に卑弥呼が埋葬されている場所も分かって来る可能性があります。

スポンサーリンク
>

hon-title2そんな多くの謎の中から今回取り上げるのは「本能寺の変」です。明智光秀が織田信長を討った、下克上の代表的かつ日本史上大きな転機にもなっている大きな事件です。 明智光秀が織田信長を恨んでいたから起きた事件だ、というのが通説ですが、そんな単純な理由ではないのかもしれません。

実際、様々な黒幕説があります。朝廷、毛利家、徳川家康、豊臣秀吉などなど。確かに怪しい人はたくさんいます。信長が逝去をすれば誰が一番得をしたのか、と言うことを考えると豊臣秀吉なのかなあ?とも思えます。ご存知の通り、 信長の後を継いで天下統一をした人物ですからね。

594c3ee5a736cc0730faf1aaace841cdそもそも何故信長は本能寺にいたのでしょうか?それは秀吉が中国攻めに手こずっており、援軍を求めたからと言われています。
秀吉は毛利の最前線の備中高松城を攻めていましたが、間もなく攻め落とせるという状況でした。信長を安土城から出し、警護が薄くなる状況を作ったのが秀吉だと考えると、黒幕は秀吉だったんじゃないかなという説はある意味合理的とも感じます。秀吉が光秀をたきつけてもしくは共謀して、実行犯に仕立て上げたんじゃないかな、という説は信長を討ったという結果から考えると筋は通っていますね。

他にも信長が天皇に逆らったということで朝廷が光秀に討たせたという説もあります。光秀は朝廷との結びつきが強かったということもあるので、この可能性もあるようです。

スポンサーリンク
>

51c22865c718ac0978db8b2f825e25d4家康に関しては信憑性は薄いで気がしいます。本能寺の変が起きて、身の危険を感じた家康は、伊賀越えを行って三河に帰城しました。当時の伊賀は非常に危険な地帯でした。その伊賀越えを行ったということは、家康黒幕説は考えられないのかなと思います。首謀者がそんな危険なルートを採る意味はないですよね。家康は本当に想定外だったのではないかと思います。それに信長死後家康が甲斐信濃を手に入れますが、秀吉に比べたら手に入れたものは圧倒的に少ないですし。

hqdefaultそれでも普通に素直に考えると黒幕説を採るのであれば、秀吉説が一番しっくりくるのかな、と思います。信長死後の秀吉の勢力と権力の極大化、本能寺の発生経緯、周りの諸将の状況などから考えると黒幕がいるとすればここを落としどころにするしかないというのが私の意見です。信長の遺体も本能寺の焼け跡からは出て来なかったということもありますし、本能寺の変と信長の遺体の謎は何か説得力のある古文書でも出てこない限り、解明されないのかもしれません。

本当のところはどうなんでしょうね。はっきりした資料なんかが見つかって欲しいような、謎のままであって欲しいような・・・。

スポンサーリンク
>