人類の誕生


d256ddda3cea01d0dd4c93bacd828b99人類の誕生について調べてみました。地球上に人類の祖先とされる猿人があらわれたのは、今からおよそ500万年前と考えられています。

スポンサーリンク
>

earthcalendar地球の誕生は約47億年前といわれているので、現在までの地球の時間を1年間の時間に見たてて比較すると、人類は12月31日の午後8時40分ころ誕生した計算になります。地球そのものの時間にくらべると、われわれ人類の歴史はきわめて短いです。

猿人の次の原人があらわれた時代は、一般に氷河時代(更新世)とよばれます。この時代は、地球全体に寒い時期と暖かい時期が交代でおとずれていました。寒い時期には地上に積もった雪がとけないので大陸では氷河が発達し、そのため海面は今より低かったそうです。b785ffb9私たちの住む日本列島は、今でこそアジア大陸の東の縁に位置する島じまですが、氷河時代には大陸と地続きとなることもありました。そのような時期に、大陸からマンモスやナウマンゾウ、オオツノジカなどの大型動物がわたってきました。このことは、これらの動物の骨が日本列島の各地から見つかっていることからわかります。私たちの祖先も、これらの動物を追って大陸からわたってきたと考えられます。

スポンサーリンク
>

diorama_cavemen_-_national_museum_of_mongolian_history以前、日本には世界史でいわれる旧石器時代はないと考えられていました。しかし戦後、群馬県岩宿の切通しで、地元の考古学愛好家相沢忠洋が氷河時代に火山灰が積もってできた赤土の関東ローム層から、槍のように先のとがった石器を見つけました。これをきっかけに本格的な調査が行われた結果、わが国にも旧石器時代の文化が存在したことが確認されたのです。旧石器時代の石器は、石をたたいてつくる打製石器です。はじめは硬い石を打ちかいて形をととのえただけのものでしたが、のちにはナイフ形の石器や狩りに使う槍の先につけたとがった石器、旧石器時代の終わりには細かい刃を木の柄にうめこんで使う細石器なども、うみ出されました。この時代の人びとは平地や岩かげなどに住み、火を使って生活していたと考えられています。

スポンサーリンク
>