縄文人の生活


戦国などの華々しい(?)時代を好んでいるので、どうしても縄文時代はなかなか接したり考えることも少ないのが正直なところです。しかし、少し調べたりテレビで垣間見たりすると歴史の中でも縄文時代は非常に面白いことが多々あります。そんな縄文時代の人々の生活を少し紹介したいと思います。

スポンサーリンク
>

history-sekki当時の人びとは、石器のほかに動物の骨を加工して魚とりの道具などをつくり、狩猟・採取生活をいとなんでいたらしいです。長野県の野尻湖では、象の化石骨と打製石器が同じ地層から発見されたことから、約2万年前に人間とナウマンゾウとがともに生きていたことがわかりました。現在まで、北海道から沖縄県までの各地で数多くの旧石器時代の遺跡が見つかっており、数万年以前から日本列島に人間が生活していたことがわかってきました。ただし、人骨の発見例は新人段階のもので数も少なく、どのような系統の人類なのかなど、不明な点も多いです。

130a2今からおよそ1万年前になると地球の環境は大きくかわりました(完新世という)。気候は温暖になって氷河がとけ、海面が上昇して日本列島は大陸から離れました。氷河時代の環境に適した大型動物は姿を消し、深い森が日本列島をおおいました。このような環境の変化にあわせて、人びとは新しい生活の技術を身につけていきました。森でシカやイノシシなど、すばやく動く動物をとらえるために弓矢が使われるようになりました。石器も打製のものだけでなく、かたい石を丹念に磨いてつくった磨製石器も使い、そのするどい刃で住居や丸木舟などをつくりました。

スポンサーリンク
>

fc5929a6c6ff5be37767d85d154b2c88また、手にいれた食料を煮たり、保存するために土器もつくりはじめました。土器はまず粘土を手でこねて形をつくり、表面は縄をころがして文様をつけ、野外で焼きました。これを縄文土器といい、この土器を使っていた時代の文化を縄文文化とよんでいます。土器はなかなか変化に富んでいて、ただものを収納するだけでここまでの形は不要ですよね。ということは造形美にこだわるまたはそこに美や楽しさを見出す心理的な文化もあったのだと思います。

pre1縄文文化はわが国独特の新石器文化です。それは、農耕・牧畜など積極的に食料の生産が行われた西アジアや中国の新石器文化とはことなり、基本的には自然にあるものを採って食べる食料採取段階の文化でした。縄文文化は、紀元前の日本列島で数千年にわたってゆるやかに発展し、わが国の民族と文化の原型を形づくっていきました。縄文時代の人びとは、おもにわき水のある日あたりのよい台地や川岸・浜辺を選んで、集落をつくりました。

日本の最初の文化ともいえる縄文時代と縄文文化ですが、人々は生活の中に工夫と楽しみを見出し、人間として素晴らしい生活を送っていたように思います。この頃は戦争とか争いもあったのはあったのでしょうけど、そんなに多くもなく、平和で悠然とした人々同士も心で通い合う豊かな生活を送っていたのかもしれませんね。

スポンサーリンク
>