真田幸村 真田丸


375px-sanada_yukimura

いわずと知れた大河ドラマの主人公、歴史好きじゃない人でも名前は知っているくらいの有名人ですね。ただし幸村という名は後世の創作です。今の大河ドラマでも信繁と名乗ってますが、こっちが正解です。祖父は幸隆、父は昌幸、兄は信之(のち信幸)、つまり先祖代々“幸”の漢字を引き継いでるんですね。これを通字(とおりじ)と言います。この時代はどこの大名や豪族でも行っていた風習ですね。そう考えると信繁は通字がないです。一説には武田信玄の弟が典厩信繁と言い、知勇兼備の名将で父の昌幸がとても尊敬していたとか。この典厩信繁は川中島の戦いで戦死しています。幸村はこのあと産まれているので、昌幸がその名前を次男の幸村に名付けたとも。ではなぜ幸村という名前が呼ばれるのでしょう?これも一説ですが、私も同意するのは1つは後世で文書を残す際に典厩信繁との混乱を避けるため。もう一つが通字の“幸”と妖刀村正の“村”を合わせたというもの。妖刀村正は徳川に仇を成す刀と言われています。家康の祖父清安、父広忠も殺されていますが、そのときの刀が村正と言われています。また嫡男信康が切腹した刀も村正だとか。大坂の陣で幸村が家康の陣に切り込んだときの刀も村正だとか。この辺はの真偽はかなり怪しいですが。なので幸村と言う名前を後世の史家が創作したというのはある意味筋が通っていると思います。(笑)

スポンサーリンク
>

さて徳川の世が間違いないと言われている中で、あえて反徳川派として徳川幕府と戦った幸村は反骨の武将と言われています。一説には信濃(しなの:現在の長野県)を与えるという徳川からの誘いも断ったと言います。このときの幸村の言葉と言われているのが「一旦の約の重きを存じて較ぶれば、信濃一国は申すに及ばず、日本国を半分賜はるともひるがえりがたし」です。一度約束したらどんな利益にも心変わりしない、約束はなによりも重いものだということですが、これを実行できる人、どれだけいるんでしょうね?私も約束は大事と思いますが、ここまでストイックになれる自信はないです(笑)

また友人の石田三成に協力するため、勝ち目はほぼないが、義のために活動したとも言われています。すごいですね、なかなか真似できることじゃないですよ。しかも当時は負け=死ですからね。それも相手が徳川なら。

これらから真田幸村は義勇仁智名忠礼などのすべてを備えた名将として伝えられています。

ただ・・・

どこまで真実かがちょっと個人的には疑問ですけど。関ケ原のときは西軍についたのは勝てば恩賞大きいという博打的考えは当然あったと思うのです。その結果、上田の局地戦では大活躍していますが、結果は西軍の負けで九度山に蟄居しています。大坂の陣は豊臣側に勝ち目ないのはほぼ明白です。返り咲くならここもやはり賭けに出るしかなかったんじゃないかな、と思います。

とはいえ、本当はもう誰にも分りません。私は作られた幸村も好きですし、賭けにでる幸村も好きです。歴史にifはないと言いますが、あえてifを妄想するのも楽しいのではないでしょうか。^^

スポンサーリンク
>