大河ドラマ「真田丸」第41回 入場


あらすじ

b18ab505e67651cbbb20d454ba736f38_19292信繁改め幸村は大坂に入る意思を固め、九度山から脱出する機会を伺っていた。村長の協力もあり、宴会の騒ぎに紛れて九度山を脱出する計画をたてた。紀伊を治める浅野家の家臣の目を盗み、幸村一家はなんとか脱出に成功し、大坂へ向かうことになった。幸村の脱出は当然家康の耳にも入ることとなった。家康は昌幸幸村に異様なくらいに恐れを抱いていた。上田合戦で2度敗れている徳川家にとって、幸村が大坂に入ることは戦が非常に難しくなることを意味していた。実際に当時の指揮をとっていたのは昌幸であるが、その子である幸村が大坂に入場することによる豊臣方の士気高揚をおそれていたのである。徳川も幸村の大坂入場を阻止しようと対策をとるが、失敗に終わった。

スポンサーリンク
>

一方、信之は2人の息子たちのどちらを跡取りにするか悩んでいた。学問が好きな長男の信吉、武芸が得意な次男の信政。信吉は側室の子であり、信政は正妻の子である。悩む信之を決断させたのは正妻の稲であった。稲は我が子の信政でなく、長男の信吉を嫡男とすべきと伝える。これに背中を押された信之は信吉を嫡男とし、信吉を真田軍の大将として大阪へ軍を向かわせる決断をする。

幸村は変装して大阪に入ることにした。きりはなぜ変装するのかを幸村に問うが、幸村は自分が堂々と大坂に現れると徳川の警戒を強め、豊臣にとって現時点では何もメリットがないことを知っていたのである。蟄居の身とは言え、徳川に勝ったことがある幸村は自分の立場をよく理解していたである。

thy48tamzl大阪城に入場した幸村はそこで変装を解き、秀頼に拝謁することとなった。秀頼謁見前に大野治長は幸村に大きな期待を寄せていることを伝える。人数はあれども、それを率いる大将格が少ないことがネックだったのである。大坂には関ケ原後に行き場を失った牢人たちが多く集まってきていた。その数、およそ10万。中には後藤又兵衛、毛利勝永などの有力な武将達もいた。幸村は当面打つべき手を秀頼に上申した。側近の大野治長はそれを聞き、また頼りにしようとする秀頼を見て苦々しく思うのであった。

スポンサーリンク
>

感想

いよいよ幸村が大坂に入りました。5人衆の4人は登場してきましたが、残りの長曾我部盛親が登場してませんね。ただ、木村重成が出迎える予定の武将の中に盛親の名前がありましたね。もうすぐ登場してくることでしょう。

さて、大坂に入った幸村ですが、大阪城を「勝手知ったる城」と言い、通りかかった淀君に「また会えましたね」と言う。地方の小豪族の次男で人質として大阪にいた幸村がそんな大坂のことを知り尽くしているはずはないんですけどね。(笑)
とはいえ、ドラマを盛り上げるためには必要な前振りですし、許容される程度ですね。更に上田合戦は父昌幸でなく、自分が指揮を取ったと秀頼に伝える。これは後々自分が豊臣軍全体を統率するという意思とほかの牢人たちが自分の言うことを聞きやすくすること、なにより秀頼が自分の策を受け入れやすくするという狙いが見えます。

img_sanada1さて、これから幸村は大坂をいかに導いていくのか、また強烈な個性の牢人たちとどう対峙していくのか。はたまた兄信之とその子の信吉信政兄弟はどう絡んでくるのか。有名な赤備えの軍団や鹿の角の兜を身にまとった幸村の登場ももうすぐでしょう。一気に加速してきた真田丸、次回も目が離せません!

スポンサーリンク
>