好きな武将 best10(1/3)


こんばんは。

今日は私の好きな武将について羅列してみたいと思います。そのうちもっといろんな情報とか私見を書けたらいいなあと思ってますが、さてさてどうなることか・・・

というわけで私の好きな武将best10です。興味持たれた武将がいたらまた調べてもらえればと思います。今はネットで簡単に検索できるので、この私の独断がキッカケになるとうれしい限りです。

スポンサーリンク
>

10位 加藤清正573px-kato_kiyomasa
朝鮮出兵の虎狩り熊本城築城で有名な武将ですね。農民出身の秀吉は飛躍的に出世していったものの武家のように家臣団がおらず、少しでも関わりがある血縁から若者を集めたと言います。清正もその一人で、ほかには福島正則、浅野長政などがいます。清正は賤ヶ岳七本槍に数えられたり虎のエピソードから武人のイメージが非常に強いですが、内政も非常に良いものをして領民からの評判も良かったようです。そして特に築城の名手としても呼び声が高く、代表はもちろん熊本城ですね。武者返しの石垣は有名です。他にも江戸城、名護屋城、名古屋城などにも関わったと言われています。

9位 太原雪斎
104
歴史好きには有名ですが、一般的にはマイナーかもしれませんね。今川義元の教育係で今川家唯一無二の軍師です。義元も絶大な信頼を寄せ、軍事政治ともに今川家の最高顧問を務めました。甲駿相三国同盟も太原雪斎の手によるものとも言わています。名前からわかる通りお坊さんですが、もとは今川家の武家の出です。京都の建仁寺で修行していたところ、非常に聡明とのことで今川家が呼び戻して義元の教育係に任命しています。桶狭間の戦い時はすでに寿命で亡くなっていました。雪斎が生きていれば信長の台頭もなかったかもしれませんね。

スポンサーリンク
>

8位 明智光秀
cbeec9bb
敵は本能寺にあり!で有名すぎる光秀。実は政治、外交、合戦、智謀、教養の全てにおいて超一流のスーパー武将です。信長を討った理由はいろいろ諸説あるのですが、私は信長が怖かったのと光秀自身にやっぱり野心があったのかなあと勝手に思ってます。山崎の合戦でも死んでなくて南光坊天海になったという都市伝説も・・・。ちなみに天海は家康の側近として活躍したお坊さんです。一夫多妻が当たり前のご時世で側室をもたなかったそうです。この辺は女性ファンに大きく支持されてるみたいですね。

7位 柴田勝家
97532094
織田四天王の筆頭です。織田家中随一の荒武者で織田家の合戦では常に重要なポジションにいた織田家筆頭家老です。四天王残りは丹羽長秀、明智光秀、滝川一益です。意外なことに秀吉や加賀百万石の前田利家はいないんですね。さて、この勝家ですが、猪武者のイメージが強いですが、領地では非常に善政を敷いていたようで絶大な人気を誇っていたそうです。しかも治めていたのは元朝倉家の支配地で一向宗も多かった越前です。また義に非常に厚い武将だったようです。前田利家が一度没落した際に、周りの武将が冷たくなった中、勝家だけはそれを気にせず利家と今まで通り接していたそうです。利家はこれに感動して後に勝家の与力大名になったとも言います。賤ヶ岳の戦いで秀吉に敗れて自刃しました。

長くなってるので6位からはまた次回に・・・^^;

スポンサーリンク
>