大河ドラマ「真田丸」第40回 幸村


私用で書けなかったので、2日遅れの投稿になってしまいました!それでは遅ればせながら・・・

スポンサーリンク
>

あらすじ

九度山で蟄居中の信繁を訪ねてきたのは宇喜多家元家臣の明石全登だった。全登は会わせたい人がいると信繁を近くの民家に連れていく。そこで待っていたのは豊臣家臣の片桐且元だった。且元は徳川と戦になりそうな情勢をみて信繁に大阪入りを頼みにきたのだった。sjk-090927hokoji01これまでの経緯と今後の見通しを信繁に語る。秀吉の法要として方広寺を建立し、盛大に供養を執り行うよう取り組んでいた。この方広寺の鐘の文に徳川がいちゃもんを付けてきた。「国家安康」「君臣豊楽」が気に食わないというのだ。家康の文字を2つに割いている、豊臣を君として楽しむ、つまり徳川幕府を蔑ろにし、豊臣の天下を目論んでいるというのだ。

lrg_10415002且元は豊臣のためと徳川と必死に交渉にあたっていたが、実は老獪な家康の掌で踊らされていたのだった。大阪城内では且元の失態として且元を暗殺する動きまであり、且元は身の危険を感じ、断腸の思いで大坂城を跡にするしかなかった。しかし、豊臣の将来を案じた且元は徳川と2度戦い、2度勝利した真田家に目を付ける。信繁は大坂時代に且元と親交が深く、九度山に蟄居させられており、当然徳川にも属しておらず、むしろ徳川に恨みがあってもおかしくないと見たからだった。

信繁は今の暮らしを「幸せで満足である」とし、大軍を率いて戦ったことがないこと、囚われの身であること、戦が好きではないことの3点を理由に且元の頼みを断ってしまう。しかし、本心では大坂に行きたいという思いを抑えていたのだった。そんな信繁の背中を押したのは幼馴染のきりだった。今までの人生を思い出し、また敬愛する父昌幸の悲願であった徳川を倒すという夢を思い起こし、遂には大坂に行くことを決意する。

ここで信繁は名を変えて新しく生まれ変わった気持ちで大坂にいこうとする。“幸”の文字を使うのは決めていた。真田家では“幸”の文字は1字拝領として引き継がれており、兄信之が“幸”の字を捨てることになり、昌幸が幸の字をもらってくれと言っていた経緯もあったからだ。残りの文字は今までの信繁の人生に影響を及ぼした地名や戦いなど様々な文言を書き出し、それを1文字ずつ切り離し、その中から選ぶことにした。所謂くじ引きである。嫡男大助にくじを引かせたところ、九度山村の“村”を引いた。これにより、信繁は“幸村”と名乗ることとなったのだった。

スポンサーリンク
>

感想

さてさて、いよいよ信繁は幸村を名乗ることになりました。しかし、文献では信繁が実際に幸村と名乗った記録はないんですよね。後世の歴史家が幸村と記載し、そっちの名前のほうが方が有名になってしまったわけですね。刀の記事でも書きましたが、私委は「妖刀村正説」のほうが好きですね!(笑)

今回の大河ドラマでは信繁は秀吉の側近として非常に秀吉の薫陶を受けており、また豊臣家の中で非常に有力な武将として描かれています。そのことから秀吉に関する恩義もあり、また石田三成にも世話になっており、更に有力奉行の大谷刑部の娘を妻にもらうなど、非常に秀吉に縁のある武将になっています。信繁が大坂入りを決めるときの回想ではそれが色濃く出ており、「義の武将」のイメージを決定づけている回でもあると思いました。

さあ、いよいよ来週からは新章突入、クライマックスです。大坂の陣がどのように描かれるのか、日曜が待ち遠しいものです!それに兄信之になにか健康上っぽい伏線も見えてましたね。それぞれの兄弟の視点による大坂の陣が描かれるのではないかと予想しています。兄と弟、徳川目線と豊臣目線、おそらくこれらをうまく対比させたものになるんでしょうね。

スポンサーリンク
>