明治時代 生活と文化の変貌期


明治時代は文明開化言われているように様々な西洋文化が広まっていった時代でした

th2VP403QB

スポンサーリンク
>

髪型はちょんまげからザンギリ頭洋髪へ変わっていきました。『ザンギリ頭をたたいてみれば、文明開化の音がする』とは教科書にも出てた記憶があります。ザンギリ頭の典型的な当時の有名人と言えば、個人的にはこの写真の人です。服装は着物から洋服に変わり、食事は和食から洋食へ行灯からランプへ洋風文化をどんどん取り入れて西洋化が進んでいきました。明治初期はまだ庶民には金銭的な理由などからなかなか広まりませんでしたが上流階級の人々の間ではどんどん西洋化が進んでいったそうですカテゴリー別に明治の暮らしを2点ほど紹介してみたいと思います

img_2

スポンサーリンク
>

明治時代の服装明治初期はまだ日本人はみんな着物を着て生活していました毎日あんな面倒な着付けを丁寧にしていたのかと思いきや庶民は着物を簡単に羽織って肌が見えるような着方をしていたのだそうですその様子をお役人が諸外国から野蛮な国だと思われては困るとそのような着方を取り締まるようになりました同じ頃には上流階級の人々が洋服をだし官僚の制服が洋服に変わりご婦人方は洋装でパーティーを開いたりしていたそうですですが庶民にはまだまだ高級品だったためなかなか普及しませんでしたそんな戦争で布が不足し始め布を着物を仕立てるよりも節約できると洋服が重宝されるようになっていきましたまた着物と違いはだけて太ももを露出することの無い袴が一般婦人に推奨されるようになりました

p08L

明治時代の食事明治初期上流階級の人々は洋食を取り入れ始め洋食をアレンジした牛鍋すきやき流行しましたですが庶民にとって洋食は高級でしかも座って食べる文化の日本人にはなかなか普及しませんでした明治中期には中流階級にも洋食が少しづつ普及し始め洋食を日本人向けにアレンジした揚げ物や肉料理などが広まっていきましたまたちゃぶ台を家族皆で囲む習慣がこのころに出来ました明治後期には栄養価が高く箸でも食べられお米に合うおかずであることから一般家庭にも急速に普及していきました調味料にも香辛料やソースなどが使われるようになっていきましたですがまだまだ和食中心の生活が続いていました洋食はごくたまの贅沢として食べられていたようですこのように明治時代は上流階級から時代と共に一般家庭まで西洋文化が徐々に広まっていった時代だったのです

img_53670cd79eb1184054e9b7b2a4b19c2c225990

スポンサーリンク
>