有名な日本刀 1


こんにちは。

今日は日本刀についてです。
日本刀と言ったら何を思い浮かべまでしょうか?たぶん、有名な銘を挙げる人が多いのではないでしょうか。使った人が有名、有名事件で使われたり、恩賞として有名になったものなど様々です。そんな日本刀を今回取り上げててみたいと思います。ちなみに刀は刀工が作るのはもちろんですが、銘は大体刀工の名前になってます。とはいえ、刀工が一時代に一人で作れる本数なんて少ないものですよね。なので、同じ銘でも作者が違うことは良くあることです。分りやすく言えば、1代目、2代目というような刀工がいるってことです。なので、同じ銘の刀でも当然評価は変わってくることになるわけです。さて、それでは超有名どころの刀はどんなものがあるのでしょう!?

スポンサーリンク
>

正宗
たぶん、日本で一番有名な刀ではないでしょうか?ゲームなんかにも最強クラスの刀として登場することもしばしばですよね。鎌倉末期に名工正宗が出てから、この正宗一派は日本刀の歴史に大きな影響と功績を残しました。イメージ(個人的な勝手なイメージです)的には近畿あたりな気がするんですが、相模(さがみ:現在の神奈川神県)の刀匠です。日本史の代名詞とも言える刀でしょう。刀身や刃紋の美しさが世界的に評価されています。

童子切安綱
源頼光が酒呑童子を退治したときに使用したとされる刀です。実際に酒呑童子がいたかどうかは置いておきましょう(笑)。刀工は伯耆(ほうき:現在の鳥取県)の安綱という人です。普通なら安綱が刀の銘になるところですが、酒呑童子を切ったからこんな銘になってるんですね。さて。この刀は非常に切れ味が良かったらしく、江戸時代にある人が、罪人の死体を6人分重ねて使用してみたところ、死体だけでなく、その下の木製土台まで真っ二つにしてしまったそうです!いや、すごい逸話なんですけど、まさに死者に鞭打つ行為ですね!実際は人間の体は脂が多く、数回斬ったらら斬れ味が鈍ると言われています。また切れ味を優先するため刃部分はやっぱり弱めなんです。だから一人斬ると刃こぼれもしてしまうらしいです。ということはこの逸話は・・・?銘刀であるがための伝説なのかもですね!

村正
これもよくゲームや小説とかにも出てきて有名ですね。妖刀村正の名前のほうが有名でしょうか。村正は伊勢(いせ:現在の三重県)の人たちで室町時代から江戸時代にかけて活躍した刀工です。人たちと言ってるのは一人でなく、桑名あたりの刀工集団だったみたいだからです。真田幸村のところでも書きましたが、徳川に仇なす刀として妖刀と言われるようになったみたいです。徳川家に何かあると刀でも伝説になっちゃうんですかね(笑)?それにしてもこの刀は多くの妖刀伝説が残っています。常識的にはなかなか信じがたい伝説ですが、信じる人も当然いますし、本当に妖刀なのかもしれませんし、そこは人それぞれで良いと思います。ちなみに私は信じられないけど、不思議な現象として信じたいです!ある研究者が近年になって刀の切れ味を数値化しようと試みた際に、村正だけ毎回数字が異なり、数値化できなかったらしいです・・・。

例によって書ききれないので、また改めて書きます!
ちょっとずつでごめんなさいm(_ _)m

スポンサーリンク
>