戦の天才って一体?美化された武将たちの真実とは?


こんばんは。

今回は敢えて一般的なイメージを否定して若干マイナス側から疑問をもって書いてみます。要は完全に私の勝手な私見や想像ってことですので、異論は大いにあると思いますが、こんな考え方もできるんだ程度に気軽に読んでもらえればと思います。

さて、日本で戦の天才と呼ばれる3人の武将を御存知でしょうかいずれの武将も有名中の有名一度は耳にしたことがあると思います源義経楠木正成真田幸村の3人です。もちろん、異論もあるとは思いますが、今回はこの3人を一般的な歴史上の戦上手として取り上げてみます。

源義経楠木正成の2人と真田幸村はちょっと系統が違う感じはします。みんな判官贔屓もあってか、清廉潔白な武将のようなイメージが定着しています。しかし、源義経や楠木正成は勝つためには手段を選ばない、ある意味、卑怯的な戦略も取ったという側面をもっています。真田幸村は義のために生きた潔い人物のイメージがあります3人とも劣勢の戦い抜いた悲劇の人物であるためかなり美化されているのではないか疑ってみます。では個々にどのようなことをしたのか見てみたいと思います

スポンサーリンク
>

源義経
ご存知の通り、
平家を滅亡させた人物です当時、源氏と平家では圧倒的な兵力差があり源氏は明らかに劣勢でした頼朝が挙兵してかき集めた兵力ですから当時隆盛を極めた平氏の兵力には到底およびませんしかし一の谷屋島壇ノ浦と連戦連勝で数に勝る平氏を追い込んでいきます。最後の戦いとなった壇ノ浦を例にとってみます義経は船から船を飛びまわり、大活躍をしたと伝えられています。有名な「八艘跳び」ですね。hassoutobi-s01これが史実か創作は別にして、このとき義経はとんでもないことをしていたのです実は兵士ではなく非戦闘員である船頭を殺してまわったのです船頭を失った船は路頭に迷い戦どころではなくなりますこれは当時絶対にやってはいけない残虐行為だったのです実際のところこのような残虐非道な行為をしていたことが頼朝の耳に入り懲罰対象になったとも言われております。戦略的に見れば非常に有効な作戦だとは思いますが、これはどうなんでしょう?当時の戦至上の時代背景を考えてもかなり疑問に思いませんか?

楠木正成
小さな山城に数百名でこもり何万という兵力の鎌倉幕府軍と戦い抜き倒幕のきっかけをつくった人物です。この城が有名な千早城ですね。正成戦は完全にゲリラ戦で20130923f1自分たちの有利な地形に敵の大軍を呼び込み奇襲をしかけるというものでしたたとえば細い山道に幕府軍を誘い込み落石で攻めたり火矢を浴びせたりしました。これも局地戦という観点と大軍を相手にするということから考えると非常に有効な作戦でしょう。そんなゲリラ戦に手を焼いた数万の幕府軍が攻め落とすのに手間取っているうちに足利尊氏や新田義貞の挙兵をゆるす隙を生んだのです勝つために戦をしているのできれいも汚いも正々堂々も卑怯もないというスタンスが見える気がします。最終的に正成は湊川の合戦で足利尊氏と戦い敗れて自害してしましますゲリラ戦には長けていたのですが通常戦となるとイマイチだったのかもしれません

真田幸村
大阪の陣で有名人になったものの、厳しく見れば、それ以前は父の昌幸の軍略の元で戦っていたに過ぎません軍略にも優れた人物であったことは間違いないのでしょうが親の七光り的な部分も否定できません昌幸は表裏卑怯の言われたほどの策士でしたこの昌幸もゲリラ戦が得意で水攻め火攻めなどさまざまなことをしてきましたその実行大将が幸村であったのです父親から戦術を学ぶところもあったと思いますがそれを生かす機会もなく大坂の陣で自害してしまいます

この3人は非業の最期を遂げているので英雄視されてはいますがやってきたことは褒められたものではなかったのかもしれません。歴史の光と影といえるかもしれません。こうして考えてみると、歴史とは美化され脚色された英雄が多いのかもしれません英雄と蛮雄は紙一重なのかもしれません

みんな好きな武将ではありますが、敢えて厳しく影の部分にスポットを当ててみました。ファンで気分を害された方あったらごめんなさい!^^;

スポンサーリンク
>