大河ドラマ「真田丸」第38回 昌幸


こんばんは。

真田丸を見終わりました。早速感想を!

信之のヘアースタイルが変わっていましたね!総髪(そうはつ:オールバック+髷みたいなスタイル)から月代(さかやき:頭を沿った有名なスタイルです!)の茶筅髷に。髷は種類が多くて私も詳しくないのですが、信之の髷が変わったことは、徳川の家臣になったことと時代が江戸になったことを表していたのでしょうか?別に江戸になってからできた髷ではないのですが、変化を髷でもアピールしたのかなあ、と勝手な想像です。(笑)ちなみに昌幸は断髪になってましたね。ドラマとかでは医者とかが良くやってる髪でしょうか。

スポンサーリンク
>

とうとう昌幸が死んでしまいました。最後まで徳川への反骨と野望を捨てられないままでしたね。好きな武将にも書きましたが、昌幸はトップクラスに好きな武将なのですが、戦国の世でなんやかんやと言っても、負け組ってことにはなってしまいますね。私は良く「昌幸と幸村は賭けに出た」と書いているのですが、野心があろうが、なかろうが、最終的に成功してないのです。勝ち馬に乗れなかった、もしくは勝ち馬が見えていながら賭けに出て負けた、どちらにしても当時の世の中では負けと言わざるを得ないと思います。昌幸フリークとしては持ち上げたいところですが・・・。

今回のドラマでは上田への帰還を望んで、信之と本多佐渡を通して家康に恩赦を打診し続けました。恩赦というのは、罪や刑を軽減させる制度のことです。当時は良いことがあると、b0235182_20494692恩赦を与えることが慣例として良く合ってたようです。秀吉も子供が生まれたら恩赦をしたりとかしたようです。
しかし、冷静に考えると徳川に刃向かい続けて蟄居になった人が恩赦を望む、また恩赦を願わねばならないというのは現代の感覚では都合よすぎるようにも見えます。どちらにしても恩赦がないと九度山から出ることもできないというのは徳川にガッチリ抑え込まれてるのが良く分ります。

さて、昌幸は最後まで返り咲きの夢を捨てきれず、死に際に今後の戦略を遺言として幸村に伝えていました。尾張を押さえることから始まる戦略でした。確かに交通の要所である尾張を押さえれば徳川にとっては非常に痛い打撃でしょう。しかし、これは実際の歴史では起こっていません。大坂に籠って迎え撃つというのは大坂の陣を指しますね。長引かせることによって徳川に心から服従していない大名が各地で蜂起するという筋書きでした。これはその通りですね。征夷大将軍になったとはいえ、まだ豊臣も存続していて、各大名もまだまだ戦国の名残が残っている人たちが大勢いるわけですから、戦略的には筋が通っているでしょう。この辺は今後の展開で描かれると思うので、この辺で止めときます!

今回の放送では昌幸だけでなく、加藤清正も本田忠勝も死んでしまいました。本田忠勝は家康より若いのですが、62歳なので、当時としては長生きのほうですね。加藤清正の死因はいろいろな説があります。ドラマでは謀殺説でしたね。加藤清正が生きていればもしかしたら大坂の陣も少しは違っていたのかもしれません。こればかりは歴史の妄想なので分りませんね!

小野お通という女性も出てきました。実はこのお通謎に包まれている人物なのですが、ものすごい教養人だったようです。一説には淀殿や細川ガラシャも書を習ったとか?出生も生い立ちもほとんど良く分かっていないのですが、実在した女性ではあったようです。信之がお通に宛てた書状も残っているくらいなので。どうやら真田家と深い縁はあるようです。今後どのような位置付で登場してくるか気になるところです。ちなみに宮本武蔵に必ず出てくるヒロインのお通とは別人物です。武蔵のお通は吉川栄治の小説で一躍有名となりましたが、このお通がモデルになっているとも言われています。実在のお通より武蔵のお通のほうがゆめいになっちゃってますね!

それではまた来週のドラマを楽しみに待つことにします!

スポンサーリンク
>