明智光秀 天海僧正説 山崎の合戦での死亡はウソなのか?


明智光秀は本能寺で織田信長を討ったあと、山崎の合戦で羽柴秀吉に敗れ、小栗栖を敗走中に土民に竹やりで襲われ死亡したと言われています。これが一般的な通説で事実上“史実”となってる出来事です。いわゆる光秀の「三日天下」です。

01200000027747136324821602156

スポンサーリンク
>

光秀は山崎の合戦で死んでいなかった?

しかし、光秀は三日天下どころかそのあとも生き延び続けたという説は今も根強く残っているのです。江戸期に書かれた随筆『翁草』には、この時殺されたのは光秀の影武者であり、本人はそのまま美濃の美山に逃げて75歳まで生きたという説が紹介されています。また山崎の合戦から京都の妙心寺へ逃げ延びた光秀が自害しようとしたところ、寺の和尚が思いとどまらせたという逸話も残っています。これだけ色んな生存説が残っているということはもしかしたら本当に生き延びたという可能性もあるのかもしれません。

hqdefault

徳川政権に君臨した天海

それでは生き延びたとすると、光秀はそのあとどうしていたのか。生存説の中でも良く語られる一説が、徳川政権において政治宗教の最高顧問を務めた天海僧正こそが光秀その人ではないかというものです。

kinsei07

天海は家康から家光まで徳川三代にわたって仕え、初期の江戸幕府を支えた功労者です。若くして比叡山に入っていた天海は1608年に家康と出会い、家康の信任を得て、家康の死後も秀忠家光に対して圧倒的な影響力を誇り、日光東照宮の造営を主導しました。不思議な力を持った人物で、108歳まで生きたとされています。そんな天海が光秀と同一人物であると噂されるようになった根拠は果たしてどこにあるのでしょうか。

光秀=天海を示す暗号

手掛かりは家光の乳母で当時の江戸城内の権力を裏で掌握していた春日局にあります。大原麗子さん主演で大河ドラマにもなった人物ですね。その春日局の父親は光秀の有力家臣の斉藤利三です。初期から光秀に従い、信頼も厚く、功績も多く、有力どころか筆頭家老と言っても良いかもしれません。一説には利三の母親は光秀も妹とも言われています。いずれにしても光秀と春日局には浅からぬ関係があることが容易に伺えます。

01

また春日局が家光の乳母になった経緯は元々京の粟田口で乳母募集の高札を見たからとも言われています。粟田口とは光秀の遺体がはりつけにされたとも伝えられる場所です。さすがに乳母募集は創作でしょうけど、そんな話が出てくること自体になにか因縁なり縁を感じてしまうところです。また京の慈眼寺の釈迦堂には光秀の木造と位牌が安置されていますが、天海が亡くなったときに贈られた諡号がなんと「慈眼」です。両者のただならぬ関係を何者かが伝えようとしているかのようです。

更に天海が主導した日光東照宮、ここにもなぜか桔梗の模様があるのです。桔梗の紋と言えば光秀の旗印です。明智家の家紋を徳川家の東照宮に彫り込むこと自体本来であれば不自然極まりないことです。もっとも本来の桔梗紋と若干形が異なるのでこじつけと言えないこともありませんが、“敢えて”形状を変えたと逆こじつけもできますし、この辺はキリがない話ではあります。

57b60c84

スポンサーリンク
>

本能寺は家康との共謀?

こうした伝承が伝えられる背景には光秀の出自が謎に包まれていることも関わっています。光秀は1567年に信長と足利義昭の仲を斡旋し、義昭を将軍職に擁立した功績で歴史上に初めて登場しています。これがきっかけで光秀は信長の家臣となり、異例の速さで出世していきますが、一方でそれまでの経緯は全くといって良いほど分かっていないのです。前述の登場時に光秀は40歳くらいとされているので、つまり40歳くらいまでの前半生がまったく不明なのです。美濃の明智家を血を引くとされてはいるものの、ここの正直どれほどの信憑性があるのかも不明なのです。

main10

一方、天海も若くして比叡山に入ったとはされますが、人生のほどんどは歴史に登場してこないのです。江戸幕府を家康が興し、5年後に突然江戸幕府の重要人物として表舞台に登場します。なにか不思議ではありませんか?年齢も光秀とほぼ同年代と思われます。

戦国時代は武将でありながら仏門に入ることも少なくありませんでした。武田信玄、上杉謙信、北条早雲などは良い例で、戦国大名ではあるものの出家し、仏門に入った証として名前も変えています。しかも光秀は教養にも非常に優れた人物だったので、光秀も仏門に縁のある人物だったとしてもまったく不思議ではありません。

thJLJQYDWN

いずれにしても光秀が天海となって家康の信頼をいたとなると、本能寺の背景に家康が大いにかかわったのではないかという邪推も十分に考えられます。信長に跡継ぎであった嫡男信康を殺された家康には十分な動機もあります。もしかしたら家康と光秀の関連携はこの頃から生まれていて、十分な計画のもとに長い年月をかけて練り上げていったもの・・・。であれば非常に面白い話ですね!

スポンサーリンク
>