一休さん トンチを利かせた教えとは?


「このはし渡るべからず」「屏風の虎」などのトンチで有名な一休さん、アニメにもなっているので、非常に有名なお坊さんです。もしかしたらお坊さんとしては日本一有名かもしれませんね。この一休さん、実在の人物で、一休宗純と言います。実際の一休さんはどんな人物だったのでしょう?

1514

スポンサーリンク
>

仏教での禁止行為を繰り返し・・・

th49ZLDLK1一休さんの愛称で知られる臨済宗大徳寺派の禅僧・一休宗純。一休さんと言えば大きな目にクリクリ坊主、機転の利いた可愛い小僧が目に浮かびます。しかし、実際には風変わりな格好を好み、“奇言奇行”を繰り替えす相当な変わり者だったのです。肖像画でも坊主頭であるはずの禅宗で髪が伸びていますね。一休は僧でありながら、木刀を差して街を歩き回り、仏教で禁じられている飲酒や肉食、また女犯も平気で犯したと言います。しかも隠れて行うわけでなく、公然と行ったのです。まさに破戒僧と言えるようなお坊さんだったのです。しかし、一休が敢えて衆人たちの目に触れるように破戒行為をしたのには、ある狙いがあったのです。そこに一休がただの変人で終わらなかった理由があるのです。

op2

ちなみに女犯とは漢字から見ると嫌がる女性を無理やり手籠めにしたようなイメージを持ちがちですが、違います。仏教でいう女犯とは「戒律によって女性との性行為を絶たねばならない仏教の出家者が、戒律を破り、女性と性的関係を持つこと」です。決して今でいうような犯罪行為ではないので、一応一休さんの名誉のため(?)に補足しておきます。

スポンサーリンク
>

変態行為が共感を呼ぶ

当時、京都五山の禅僧たちには権力におもねり、五山文学などにうつつを抜かす風潮が蔓延していました。まさしく、仏教の形骸化が懸念されていたのです。また表面だけは“いい顔”をして裏では堕落・退廃した生活を送る虚飾や偽善に満ちた禅僧が増え始めていたのです。こうした状況を目にした一休は、自身が“乱れた行為”を人目に晒すことで、堕落した禅僧たちを痛烈に批判したのです、そしてこのままでは仏教が風化してしまうということを、身をもって僧たちに知らしめたのです。

o0408024013394630330

少し間違えれば“変人”とも思われかねない行動を仏教の伝統を守るために堂々と行った一休。この形式にとらわれない人間性が民衆の共感を呼び、のちにかの有名な『一休頓智話』を生み出したのです。

thXEMRTUBK

死にとうない

一休が死ぬ前に最後に残した言葉は『死にとうない』と言われてます。そもそも仏教とは“死後をより良いものにするための思想“とも言えます。つまり、死ぬことで新しい素晴らしい世界が開けるといった教えもあるのです。天国や地獄と言った概念もこの観念から来ているとも言えます。そんな仏教に帰依したお坊さんである一休が、自らを曝け出し、死ぬのが怖いと言ったのです。衆人たちに対して“人間の死”に対して考えさせられる問いかけの意味もあったと考えるのは深読みし過ぎでしょうか・・・

e0145549_1340503

スポンサーリンク
>