源義経 謎多きヒーローの真の姿とは?チンギスハーンと牛若丸の共通点


日本史上でも大人気の源義経。判官贔屓といおう言葉が生まれるくらい日本史の中でも有名武将です。若くして亡くなっていて、兄に死に追い込まれたというのも悲劇として日本人の心を掴むのでしょう。そんな義経、いろんな武勇伝やエピソードはありますが、今回はその風貌や伝説とされていることに着目してみます。

gojo_1

スポンサーリンク
>

容姿端麗な美男子?出っ歯の醜男??

映画やドラマでは必ずと言っていいほど二枚目俳優が演じています。それもそのはず、『義経記』には、かの楊貴妃や松浦佐用姫に例えられるような美貌の持ち主だったと記されているのです。まあ、義経が主人公なので美化しているのは当然といえば当然です。しかし、その一方で『平家物語』では「面長で色白で背の低い男で出っ歯」とか「平家のなかのえりくずよりもなお劣っている」など散々です。つまり、めったにいないくらいのブ男と書かれているわけです。もっとも平家側からすれば、一族を滅亡に追いやった男なので、このような批評は仕方ないでしょう。それにしても、あまりにもひどい書かれようです。イメージダウンも良いところです。

e0083922_518873

では実際の義経の容貌を客観的に記した資料やその姿を描いた絵画となると実は一つも残されておらず、全く実像は不明なのです。ひたすら眉目美麗な英雄として語られていますが、だいぶ美化され過ぎていることは否定できないのかなと思います。

今なお語られる義経不死伝説

謎の多い歴史的ヒーロー義経ですが、その最大のミステリーは「義経不死伝説」ではないでしょうか。平家を滅亡させた後に兄・頼朝と対立した義経は奥州に逃れ、衣川館に潜伏していたところを義経捕縛の命を受けた藤原泰衡に襲われました。泰衡は500騎で10数騎の義経らを襲撃、義経はこれが最後と諦め妻子を殺害したあとに自らも命を絶ちました。享年31歳でした。

a_1

しかし、義経の首が鎌倉に到着したのはなんと義経の死から1月以上も経ってからなのです。暖かい時期でもあったので、首は腐敗し、顔も判別できないくらいになっていたため、「実は義経は生きているのではないか」とささやかれるようになったのです。

スポンサーリンク
>

義経はチンギスハーン?

実は岩手県や青森県、北海道には、義経主従にちなむ史跡が数多く残されており、それらがもし事実であれば義経は海岸沿いに逃げたことになります。そしてさらに義経は海を越えて大陸に渡り、なんどモンゴル帝国の創始者チンギスハーンになったとも言われているのです。なかなかあり得ない話ではありますが、結構知られている伝説ですね。

4e14c6a7

その根拠として、義経とチンギスハーンの共通点が意外にも多いことがあります。二人が同世代の人物であったことはもちろん、戦術が非常に良くにており、両者とも“笹りんどう”の紋章を使用していました。また、チンギスハーンは9本の白旗を掲げていたのですが、この白は源氏の白旗、9は義経の通称“九郎”にちなんでいるというものです。

img_1

チンギスハーンはモンゴル帝国を築いたほどの大物なのに資料が非常に少なく、歴史に登場したのは40歳前後のときと言われており、ハッキリした年齢も不明です。生年月日さえ分かっていないのです。チンギスハーンが歴史に登場してくるまでの経緯も分からない部分が多いのです。義経が死んだとされるのは31歳、9784817406712_1Lその17年後にチンギスハーンが歴史に登場してきます。まさに同世代なんですね。

またモンゴルでは小型の弓が普通なのですが、チンギスハーンは大型の弓を使っていたそうです。日本は大型の弓を使っていたので、義経がモンゴルに渡ったのであれば辻褄が合うことになります。

いずれにしても、伝説に過ぎないのですが、もし本当紋ドル石を創建した英雄が実は日本の武士だったとしたら。。。歴史は大きく塗りかえられることになるのは間違いないですね。

mainv02

スポンサーリンク
>