坂本龍馬 幕末の英雄を暗殺した真犯人は誰なのか?


大河ドラマの主人公にもなり、幕末で一番人気のある人物と言っても過言ではない坂本龍馬。その龍馬が暗殺されたのは1867年11月15日でした。翌年が明治元年となるため、本当に新時代幕開けの直前に亡くなってしまったのです。

ryoumaden1

スポンサーリンク
>

近江屋に7人の刺客が乱入

龍馬は土佐藩邸近くにある近江屋の2階で陸援隊隊長の中岡慎太郎と密談を交わしていました。龍馬の同士でもあり用心棒でもあった岡本健三郎もいたのですが、途中岡本が席を外した時に戸津川郷士と名乗る男7人が近江屋に乱入しました。龍馬と中岡は斬りつけられ、頭部に深手を負った龍馬は絶命しました。中岡は2日間生きていましたが、その2日の間に少し話すことができたため、事件の状況が少し残っています。その一つに中岡が「刺客の一人が『こなくそっ』と四国方言で叫んだ」と言い残したことが犯人探しの材料となります。

犯人は新撰組か京都見廻組か?

事件直後、まず犯人として疑われたのが新選組の原田左之助でした。新撰組から分派していた高台寺党の伊東甲子太郎が暗殺現場に残されていた鞘を見て「これは原田左之助のもの」と証言したからです。しかも原田は四国松山出身であり、「こなくそっ」と方言を発した事実とも合致します。何より原田自身が新選組の10番隊の組長を務めるほどの腕前でもあり、状況証拠としては疑われる余地が多いのです。ただ、この左之助は槍の名手でした。もちろん刀も使うことはできたとは思いますが。いずれにしても実戦経験の多い原田が真剣抜き身で帰るような失態を犯すとは考えにくく、後に捕縛された近藤勇や元隊士たちもみな原田の龍馬暗殺説を否定しています。

thPM2EYNNI

明治維新後に元京都見廻組だった今井信郎や渡辺篤らが「自分たちが龍馬を殺した」と証言しました。京都見廻組は新撰組と同様に京都市中の取り締まりを行っていた集団です。寺田屋事件で幕吏数人を殺害した龍馬は彼らに追われる身でもありました。しかし、今井達の証言には食い違いが見られ、売名行為だったとも考えられます。

0abe213386b473e5b8df69b8295989bd

スポンサーリンク
>

暗殺の裏に潜む陰謀の数々

龍馬暗殺を語るうえで外せないのが薩摩藩の存在です。武力討幕を目指していた薩摩藩にとって、穏健派の龍馬は疎ましかったのも事実のようです。薩摩藩が裏から手を回し、京都見廻組に龍馬暗殺の汚名を被ってもらった可能性も考えられます。

gotoまた土佐内部の犯行説も有力です。龍馬から『船中八策』を受けた土佐藩士・後藤象二郎は全藩主の山内容堂に対して、将軍・徳川慶喜に大政奉還させるように進言しています。この功績で後藤は土佐藩の執政に就任し、1500石に栄進しています。そこで考えられるのは、後藤が手柄を独占しようと刺客を送ったとする説です。

実は龍馬は暗殺された近江屋事件より前にも命を狙われて襲撃されています。寺田屋事件(寺田屋遭難)です。そして用心棒でもあった岡本健三郎は実はその時も龍馬と同じてらdにいたのです。更に寺田屋遭難のときも岡本が所用で席を離れた後に襲撃されているのです。このことから、岡本は後藤の命を受けた監視役だったという説もあります。もし、龍馬の監視役だったのであれば、襲撃の前に席を立ったのも、後藤の指示があったと考えれば腑に落ちます。もちろん後藤も土佐出身なので、刺客が「こなくそっ」と叫んでも不自然ではありません。

1463812394

真相は闇の中ではありますが、後藤象二郎が真犯人であった可能性は十二分に考えられると思います。状況としても、龍馬死後の後藤の栄進にしても、岡本の離席にしても、あまりにも出来過ぎているような・・・?

今井達の証言は食い違っていますが、一般的には京都見廻組の犯行という説が一番有力ではないかと思います。ただ、個人的には後藤象二郎説が一番辻褄が合うのかな、という気はします。いつの日か真相が明らかになる日が来ることを願いたいものです。

d9e51b379f582faac192c025c79effb2

スポンサーリンク
>