坂崎直盛(宇喜多詮家) 千姫事件の真実とは?


img_0

千姫は父は2代将軍徳川秀忠、母はお江、祖父は徳川家康と浅井長政、祖母にはお市の方がいます。夫は豊臣秀吉の子、秀頼です。当時の血筋でいえばほぼ最高級の家柄をもつスーパーレディと言えます。そんな千姫、どんな女性だったのでしょうか。

スポンサーリンク
>

不細工を振ってイケメンゲット

千姫には世にも恐ろしい「吉田御殿の話」と称される伝説があります。それによると彼女は夫である秀頼を失ったあと吉田御殿で過ごしていたのですが、このときに通りかかった美男子を呼び止めては弄び、飽きると井戸に放り込んで殺していたというのです。

img_01

また千姫には夫との関係に関しても黒い噂が多く存在しています。大坂夏の陣で夫の秀頼を亡くした彼女は坂崎直盛によって救出されました。このとき家康は直盛と“千姫を救出すれば彼女との結婚を許す”と約束していたと言われます。直盛はこれに従い、千姫に結婚を申し出ましたが、千姫は直盛が醜いという理由でこれを断ったと言います。彼女が夫に選んだのは猛将・本多忠勝の孫で美男子として名高かった本多忠刻でした。

美人はいつの時代も疎まれる

これらのエピソードから千姫は面食いの淫乱女という烙印を押されてしまった側面がありますが、実際は捏造によるところが大きいと思われます。「吉田御殿の話」は千姫の虜になっていた大工と武士が沼で死体となって発見されたことから生まれた風説ですが、確固たる証拠はまったくありません。また家康と直盛が結婚の約束をしていたというのも怪しいもので、直盛は千姫の嫁ぎ先を探すように頼まれていただけとも言われます。あながちこっちの方が正論の気がします。

IMG_0053-e1482072174711-640x352

では、なぜこのような噂が生まれたのか。千姫がお市の方を祖母にもつ美女だったからではないでしょうか。美しさは有らぬ疑いや詮索、また周りからは僻みで全く根拠のない噂だけが先行してしまうことは十分考えれることです。突出した美貌はときに身を滅ぼすこともあるということでしょうか。

スポンサーリンク
>

坂崎直盛の真実とは

200px-Sakazaki_Naomori坂崎姓はあまり歴史に詳しい人でもあまり聞かない苗字ではないでしょうか。実際、この直盛でしか聞かない気がします。ではどんな人物だったのでしょうか。実は直盛、名前を変えているのです。元々は「宇喜多詮家」と言います。宇喜多であれば聞いたことがある人も多いでしょう。直盛は宇喜多直家の甥にあたるのです。直盛は従妹の宇喜多秀家に仕えていました。秀家は秀吉の養子でもあり、大老でもありましたので、結構な大身、名家と言えます。しかし、直盛は秀家と折り合いが悪かったらしく、関ケ原以降は家康に与しました。ここで宇喜多姓はイメージが悪いので家康からも求められて改姓しているのですね。

千姫事件

前述のように直盛は千姫を巡った事件がありました。最終的には千姫を奪おうとした事件を起こしました。これは前述の2つを踏襲して考えてみましょう。

まず第一は先に述べたように坂崎家への再嫁を反故にされたというものという説です。不細工というのは火傷を負いながら千姫を救出した傷跡という説もあります。本当ならそれを不細工というのはまたひどい話ですね。第二に千姫の嫁ぎ先を探すよう依頼されていた説。直盛は公家との周旋し、縁組の段階まで話が進んでいたところを突然本多忠刻との縁談が決まり、面目をつぶされたとする説です。

sanadamaru3586

いずれにしても、直盛はこのあとに千姫を奪う計画を立てますが、これは幕府に露見していました。結果、直盛は死亡してしまいます。暗殺か自害かすらも分かっていません。千姫を救出して名を挙げた坂崎直盛、最後はまったく報われずにお家断絶となってしまっています。ここも千姫に悪いイメージを持たせてしまう要因なのかもしれませんね。

スポンサーリンク
>