直江兼続 直江状とは?本当に家康に刃向かった?


Naoe_joh

直江兼続にはいろんなエピソードが残っています。以前に書いた伊達政宗に対するものもその一つです。(犬猿の仲)しかし、中でも日本国内最大勢力だった徳川家康を激高させた「直江状」のエピソードは非常に有名で、兼続を語るうえで欠かすことのできないものとなっています。

スポンサーリンク
>

01秀吉の死後、家康は親豊臣派を取り込むなどして影響力を強化させていきました。伊達家をはじめとする色んな大名家との婚姻関係もその一つです。これに憤慨したのが上杉謙信の亡き後、上杉家の家督を継いだ上杉景勝です。彼は家康に対抗して軍備を増強し、これに伴い部下である兼続も家康に対抗する動きを見せるようになっていました。兼続と言えば上杉家の大黒柱で天下に鳴り響いた名将でした。兼続の動きを封じ込めたい家康は上杉家の行動を非難すると同時に、豊臣家の重鎮の権限をもって上杉家に上洛を求めましたが、兼続はこれを拒否。その後家康は会津征伐を開始するのですが、そのきっかけになったのが今回のテーマでもある「直江状」と言われています。兼続は家康の上洛命令に対して「上杉家は謙信以来の武家であり、武器を集めるのは茶碗を集めるようなもの。上杉を疑う徳川にこそ企みがあるのではないか」と挑戦的な返答で切り返し、家康を大いに怒らせたのです。

スポンサーリンク
>

img4042f743zik4zj

ただ、この直江状ですが、東京大学附属図書館に保存されてはいるのですが、原本は残っていないのです。そのためこの出来事は実在した話ではないのではないかとさえ疑われています。実際、兼続が活躍した戦国後期から江戸前期にかけては偽書や怪文書が飛び交っており、原本がないのであれば信憑性は乏しいと言われても仕方がないのです。

DaIydNofしかし、家康の家臣の日記にも上杉家から書簡が送られ、それに家康が激怒したことは事実として記されている。直江状の存在と真偽については疑問は残るものの兼続の度胸が並大抵でなかったことは間違いないのでしょうね。政宗に刃向かったりコケにするエピソードからもそれは伺えますね。頭も切れて度胸もあって、忠義も厚い。人気が出るのも当然と言えば当然の人物であることは間違いなさそうです。

11357632_819150404834423_996439921_nそもそも直江状を書くことで上杉家にどんなメリットがあったのか?上杉家も豊臣に大きな恩を感じるような背景も特にありません。むしろ、敵愾心があってもおかしくありません。「謙信以来」の謳い文句で上杉の家格を表すような表現が良くされますが、上杉家は豊臣家に服従したのです。しかも本領安堵ならまだしも先祖代々の越後から会津に国替えまでされてるんですよね。

ここのところは疑問も残るところですが、一度服従したからには豊臣家に義理を通すという上杉家なりの筋があったのかもしれませんね。むしろ、そう考えないと直江状の存在や兼続の反抗というものに繋がらないのかもしれませんね。

スポンサーリンク
>