諏訪勝頼 武田家を滅ぼした棟梁は悲運の武将だったのか?


thNF05G95Q

日本史では長篠の合戦で敗北したことで有名な武将武田勝頼しかし彼がどのような武将かはあまり知られていません父信玄に比べ武田家を滅ぼした元凶として酷評されることもあります。ブームにもなった大河ドラマの真田丸では最初に草刈正雄演じる真田昌幸が勝頼の滅亡を悔やむシーンは印象に残ってます。そんな彼がどのような武将でどのような功績を残したのかを語っていきたいと思います

スポンサーリンク
>

ebf18f74武田勝頼は武田信玄の四男として生まれました彼の母は武田家が滅ぼした諏訪家の女であり諏訪の血をひく勝頼は武田家の公子としては扱われず家中では冷遇されていました勝頼は武田の性を名乗らせてもらえず母の実家である諏訪家を継ぎ諏訪勝頼と名乗り後継者からは遠い存在でしたしかしそんな勝頼に転機が訪れます後継者の最有力候補だった長男の義信がクーデターの容疑で粛清されてしまったのです次男三男は病弱であり四男の勝頼に白羽の矢がたつことになります三方ケ原の合戦で徳川家康をやぶった信玄は遠征途上で病に倒れます

Takeda_Katsuyori信玄の死後勝頼が武田の後継者に選ばれましたが信玄は諏訪家を継いだ勝頼に武田家を継がせることを認めませんでした武田家の序列では諏訪家はあくまで家臣に過ぎす信玄の息子とはいえ諏訪家の人間が武田家を継ぐことは許されなかったのです信玄は勝頼の長男信勝を正式な後継者と信勝が成人するまで勝頼を当主の代理である陣代しました陣代である勝頼には武田家当主を象徴する風林火山の武田菱の旗を掲げることが遺言で禁止されてしまいました陣代という微妙な地位では大きな力を持っていた武田一門衆や譜代衆といった重臣達を制御できず彼らは正式な当主ではない勝頼をんじるようになります

スポンサーリンク
>

thW42DOWTHこうした状況下で勝頼が家中で認められるには合戦で手柄をたてるしかありませんでした勝頼は織田信長徳川家康への攻撃を開始しまず東美濃の明智城を落としますこの信長は六万の大軍を率いて救援にむかいましたがわずか六千の勝頼軍に追い散らされてしまいます勢いにのった勝頼は三河遠江へと侵攻し父信玄の落とせなかった高天神城を落とし武田家の領土を大幅に拡大させます。勝頼の時代に武田家の版図は最大になったのです。これらの功績から勝頼が軍事面では極めて有能であったことがわかります

e63da7ffab87281871d4c9b107828f60

しかし1575年長篠城を攻撃し織田徳川軍と決戦した勝頼は大敗し多くの将兵を失いました合戦の前に重臣達は決戦の不利を悟り撤退を進言しました家中統率の面から手柄を焦った勝頼は重臣達の反対を押し切り決戦を挑むことになります織田徳川の軍も大きな犠牲をだし教科書で語られるような一方的な負け戦ではなかったことが最近の研究の結果で明らかになってきているとはいえ勝頼は父信玄を支えてきた多くの重臣達をうしなうことになります重臣達の死は側近衆の台頭を招き武田の家中は勝頼派で占められることになり皮肉にも勝頼は敗戦により権力を手にしましたその後勝頼はボロボロになった武田家の立て直しに全力を注ぎ7年にわたって武田家を守り抜きました

img_0しかし1582年織田信長の侵攻を受けた武田家は一族や重臣の相次ぐ離反により急速に崩壊おいこまれた勝頼は息子信勝とともに自害します勝頼は生まれた時からハンデを背負わされた悲運の武将でありその才能を思う存分発揮できませんでしたしかし決して暗愚な武将ではなく家康信長と対等に戦った猛将でありその武勇は敵味方に評価されています彼がハンデなく活躍の場を得ていれば武田家が滅びることはなかったのかもしれません

スポンサーリンク
>