山本勘助 人気の名軍師は実在したのか?


img_0武田信玄の下で軍略や築城において並外れた才能を発揮したとされる隻眼の名軍師山本勘助、戦国時代において軍師の代表のようにかたられることもある武将です。今までいろんな小説やドラマにも登場し、いろんなエピソードも知られているのではないかと思います。極めつけは2007大河ドラマ「風林火山」の主役だったこともあって、歴史に詳しくない人にも広く知られている武将ではないでしょうか。

dsc08981

スポンサーリンク
>

bd06e3f0aad903bb05d628e5c7c37190さて、この勘助ですが、世間一般にも認知度が高く、人気もなかなかの武将なのですが、長い間「創作の人物であり、実在しない」と存在そのものが疑問視されていました。というのも勘助の名前が記録された史書は武田氏の軍法や合戦を記した「甲陽軍鑑」という書類のみで、この甲陽軍鑑自体が内容のほとんどが後世の作り話ということが判明し、史料としての価値は極めて低いというレッテルをはられてしまったからなのです。つまり、フィクション、小説という認識が染みついてしまいました。当然ながら、この甲陽軍鑑にしか登場しない勘助もまた架空の人物であるというのが歴史家の間では暗黙の了解になっていたのです。

img_buyuden_kansukeしかし、1969に北海道の民家から武田信玄の書状が発見され、その中に書状の伝令役として「山本菅助」という人物名が明記されていたのです。伝令役というと下っ端の飛脚のようなイメージを持ってしまいがちですが、当時としては決して下っ端の単なる使者ではなく、トップシークレットを相手に伝える非常に重要な重職だったと考えられています。今でいえば国を担うレベルの外交官と言ったところでしょうか。さらに、2007には信玄が長谷の名家、黒河内八郎右衛門に宛てた文書が発見され、その中にも勘助の名前がハッキリと記載されていたのです。文書には「山本勘助を大将として城攻めの準備をせよ」と伝令が書かれているのです。

スポンサーリンク
>

仮に実在していたとしても足軽などの一兵卒に過ぎなかったのではないかと思われていた勘助ですが、やはり武田軍の重要ポスト尾に「山本勘助」は実在していたことになります。

sp_best06_topphここで問題になるのは、2点あると思います。まず実在していたと思われる“山本勘助”と史料に残る”山本菅助”が、私たちの思っている名軍師山本勘助と同一人物なのか?ということです。次に発見された文書の信憑性は如何ほどか、ということでしょう。正直こればかりはまだ判明していないというのが事実です。今まで定説とされていた武将像が覆されることも多々あります。今後の歴史家の先生方の研究によって、いつの日か明らかにされる日も来ると信じて新しい成果を待つことにしましょう!

kansuke

スポンサーリンク
>